ローカルグッドニュース

【ニュース】3年間で最大1500万円!地域緑のまちづくり事業の提案募集。地域やまちの課題を緑で解決

横浜市は、「横浜みどりアップ計画」の「市⺠が実感できる緑や花をつくる」取組として、地域が主体となって、緑を創出する「地域緑のまちづくり」を、市⺠協働で進めています。

「地域緑のまちづくり」とは、地域が主体となり、住宅地や商店街、オフィス街、工場地帯など様々な街で、地域にふさわしい緑化計画をつくり、市と市民との協働により緑化を進めるもので、令和4年度も「地域緑のまちづくり」の提案を募集します。

「花や緑でいっぱいの街をつくりたい」という地域のみなさんの思いを、緑化の計画として提案していただき、選考を通過して市と協定を締結した団体は、地域における緑化の整備や活動に対して最⻑3年間で、最⼤1,500万円の助成を受けることができます。提案の例としては、駐車場の緑化や商店街の緑化など、様々です。

一次提案受付期間は6月6日(月曜日)から6月10日(金曜日)(必着)。
地域やまちの課題を緑で解決したい、みなさんのアイデアもぜひ、応募してみませんか。

 

◆令和4年度一次提案募集受付期間

令和4年6月6日(月曜日)から令和4年6月10日(金曜日)【必着】

 

◆地域緑のまちづくり提案の例

 

 

 

◆助成内容

市と協定を締結した地域緑化計画の内容が対象となります。

  1. 民有地の緑化費
  2. 景観木の保全費
  3. 地域の緑化活動費

1.から3.を合わせて3年間で1,500万円が上限です。最低限度の設定はありません。

◆事業説明・提案計画づくり支援のお知らせ

提案計画書の作成にあたり、横浜市による事業説明・まちづくりの専門家(コーディネーター)による支援を受けられます。

支援内容

  1. 横浜市による事業説明
  2. 一次提案計画づくり支援

 

横浜市職員が本事業に応募を考えている皆さまの地域に伺い、事業の説明を行います。
支援希望団体に、まちづくりの専門家(コーディネーター)が地域に伺い、
提案計画づくりに役立つアドバイス等を行います。

 

◆参考

 

 

ライター紹介

LOCAL GOOD YOKOHAMAは「地域とつながる」「地域でコトをつくる」「課題を解決したい」市民のみなさんのためのICTプラットフォームです。地域の課題解決のために、多種多様なアイデアと経験を出し合い「自分ごと」として新たな一歩で切り拓き、住み暮らすまちのハッピーを実現してゆくアクションを 「LOCAL GOOD」と名づけました。 LOCAL GOOD YOKOHAMAは、サービス、 モノ、 カネ、 ヒト、 情報の循環を目指しており、地域をよくする活動「地域のGOOD=ステキないいコト」に、市民、企業が参加するキッカケをデザインしています。 LOCAL GOOD YOKOHAMA 編集部へのお問い合わせやご意見、取材希望や情報提供はこちらにお願いいたします。 localgood@yokohamalab.jp 

ニュース一覧へ戻る