ローカルグッドニュース

【ニュース】都筑区に障がい者の雇用創出を目的とした企業向け貸し農園「ソーシャルファーム わーくはぴねす農園 Plus 横浜」

障がい者雇用支援サービスを提供する株式会社エスプールプラス(東京都千代田区)は4月20日、都筑区に障がい者の雇用創出を目的とした企業向け貸し農園「ソーシャルファーム わーくはぴねす農園 Plus 横浜」(横浜市都筑区大棚町3004-5)を開設しました。

「1人でも多くの障がい者雇用を創出し、社会に貢献する」を企業理念とするエスプールプラスでは、障がい者の雇用創出を目的とした企業向け貸し農園「わーくはぴねす農園」を運営しています。農園は障がい者の安心安全に配慮した仕様となっており、これまで 11 年間の定着率は 92%を超えています。

現在、農園を利用する企業は、約430社まで増加し、2,500人を超える障がい者の一般就労が実現しています。

障がい者の雇用義務の拡大や ESG の意識の高まりにより、障がい者雇用を積極的に取り組む企業が増加する一方で、採用は身体障がい者に集中しており、知的障がい者や精神障がい者の雇用は遅れている状況にあります。

横浜市は、神奈川県初進出。面積は約798坪。施設は屋内型で、区画数258 区画。

 

 

「わーくはぴねす農園」PRムービー「JOBに、JOYを。」(エスプールグループ)

ライター紹介

LOCAL GOOD YOKOHAMAは「地域とつながる」「地域でコトをつくる」「課題を解決したい」市民のみなさんのためのICTプラットフォームです。地域の課題解決のために、多種多様なアイデアと経験を出し合い「自分ごと」として新たな一歩で切り拓き、住み暮らすまちのハッピーを実現してゆくアクションを 「LOCAL GOOD」と名づけました。 LOCAL GOOD YOKOHAMAは、サービス、 モノ、 カネ、 ヒト、 情報の循環を目指しており、地域をよくする活動「地域のGOOD=ステキないいコト」に、市民、企業が参加するキッカケをデザインしています。 LOCAL GOOD YOKOHAMA 編集部へのお問い合わせやご意見、取材希望や情報提供はこちらにお願いいたします。 localgood@yokohamalab.jp 

ニュース一覧へ戻る