ローカルグッドニュース

2021年の横浜「港」のビッグニュースが発表されています!

<主なニュース>

港湾局では毎年、その年の横浜港に関連したニュースを、「ビッグニュース」として発表しています。
ニュースの詳細な内容と写真は、別途資料をご覧ください。


 

<国際競争力強化への取り組み>

南本牧ふ頭では、MC-4の全面供用により、開始MC1~4コンテナターミナルの一体運用が開始され、施設全体を柔軟に利用できる画期的な運用を実現しました。世界銀行が行った調査において、コンテナ港湾のパフォーマンスを測る指標(CPPI:コンテナ港湾生産性指数)で世界一を獲得しました。

<新たな賑わいの拠点づくり>

横浜市港湾施設条例に基づく設置許可の制度を活用し、民間事業者が運営するグランピング施設がオープンしました。2002年に完成した大さん橋国際客船ターミナルが、市民・観光客の憩いの場として親しまれ、近年東アジアを代表するクルーズ客船の発着拠点としても定着していること等から、「長く愛される価値のあるデザイン」として高い評価をうけました。

お問合せ
港湾局賑わい振興課 古瀬 謙一 Tel 045-671-2874

ライター紹介

「LOCAL GOOD YOKOHAMA」は、 サービス、 モノ、 カネ、 ヒト、 情報の循環をつくっていくことを目指し、インターネット上の場と、インターネットを超えた地域の現場両面から、地域をよくする活動「地域のGOOD=ステキないいコト」に市民、企業が参加するきっかけをつくっていきます。活動に加わり、メンバーとして地域に関わっていくローカルグッドサポーター、プロボノを募集しています。

ニュース一覧へ戻る