ローカルグッドニュース

5月24日ダブルケア(育児と介護の同時進行)についてゆるやかに話す座談会開催

5月24日、横浜市中区にあるシェアオフィスさくらWORKS<関内>で、お昼ご飯を食べながらダブルケアや育児、介護についてゆるやかに情報交換を行う座談会が開催されます。

ダブルケアとは、育児と介護を同時に行うことを指した造語で、女性の晩婚化により出産年齢が高齢化すると共に、長寿命化によって親の介護の期間も長引く近年、子育てと親の介護サービスを同時にしなければならない世帯―ダブルケア負担の世帯―が目立つようになってきました。兄弟数の減少や親族のネットワークが脆弱化する中で、ダブルケアの負担は、親と近居又は同居している長女に集中する傾向があり、相談する相手もなく、心身ともに燃え尽きてしまうケースも増えています。

主催の「ダブルケアサポート横浜」は、支援が十分に行き届いていないダブルケアラーへのサポートを広げようと、横浜市西区に本拠地を置くNPO法人シャーロック・ホームズ、横浜市港南区で子育て支援にとりくむ「芹が谷コミュニティ てとてと」や、港南区日限山地区で地域で支え合いの仕組みを実現してきた「さわやか港南」で出会ったメンバーで結成されました。現在、ダブルケアラーをサポートするためのプロジェクトの実施にむけて、クラウドファンディングでの資金集めに挑戦をしています。

24日は、お昼ご飯を食べながら、ダブルケアや育児、介護について気軽におしゃべりをする座談会が開かれます。現在、参加者募集中です。

 

日時:5月24日(日)11時-14時

会場:さくらworks イベントスペース(横浜市中区相生町3-61泰生ビル2F)

参加費:500円(昼食代)

お問い合わせ、お申し込みはこちらまで
ダブルケアサポート横浜事務局
NPO法人シャーロックホームズ内 担当:東(アズマ)
〒220-0002 横浜市西区南軽井沢18-1-110 
TEL:045-324-5033 FAX:045-548-4514 
Mail: wcareyokohama(あっとまーく)gmail.com

facebook「参加するボタン」を押していただくだけでもご参加申込完了となります。

ライター紹介

LOCAL GOOD YOKOHAMAは「地域とつながる」「地域でコトをつくる」「課題を解決したい」市民のみなさんのためのICTプラットフォームです。地域の課題解決のために、多種多様なアイデアと経験を出し合い「自分ごと」として新たな一歩で切り拓き、住み暮らすまちのハッピーを実現してゆくアクションを 「LOCAL GOOD」と名づけました。 LOCAL GOOD YOKOHAMAは、サービス、 モノ、 カネ、 ヒト、 情報の循環を目指しており、地域をよくする活動「地域のGOOD=ステキないいコト」に、市民、企業が参加するキッカケをデザインしています。 LOCAL GOOD YOKOHAMA 編集部へのお問い合わせやご意見、取材希望や情報提供はこちらにお願いいたします。 localgood@yokohamalab.jp 

ニュース一覧へ戻る