ローカルグッドニュース

5/3-5/16 横浜パラトライアスロン応援プロジェクト 13日間の 「パラトラトーク2021」開催

  5月15日(土)・16日(日)に行われる「世界トライアスロンシリーズ横浜大会・パラトライアスロン」の応援として、オンラインをメインに「パラトラトーク2021」がオンラインで開催されています。主催は国際障害者スポーツ写真連絡協議会(パラフォト)です。

COVID-19 拡大防止対策として横浜大会組織委員会が掲げる「YELL at HOME!!」(=来ないことが一番の応援)をうけ、現地観戦は自粛となっても応援のパワーは止めないよう、「全国・世界から集まる選手を励ますことに全力で取り組みたい」という思いを胸に、大会11日前の5月3日から、エイジグループの16日まで、毎日パラトラに関する情報配信が行われるものです。

また、対面イベントとしては、5月14日(金)には、コースの付近にある「象の鼻テラス」で事前のコース散策、パラスポーツお試し体験会、パラリンピック・ドキュメンタリー「WHO I AM/木村敬一」上映会、応援ソング生演奏などが、ソーシャル・ディスタンスを保ちながら開催されます。

 パラトラトーク配信予定・ラインナップ
①「私の横浜パラトライアスロン」
「知っている」から「見てみたい、応援してみたい」へ。パラスポーツをつなぐ架け橋を目指す、丸山裕理記者が東京パラに向かうアスリートや関係者にインタビュー、その意気込みにふれます。
インタビューのお相手は・・(予定含)
・梶鉄輝(PTS5)選手
・木村潤平(PTWC1)選手
・秦由加子(PTS2)選手
・佐藤圭一(PTS5)選手
・円尾敦子(PTVI2)選手
・宇田秀生(PTS4)選手
・富川理充(JTUパラリンピック対策リーダー)
・陣川学士(日本トライアスロン連合公認審判員)
② 3分でわかるパラトライアスロン紹介(Twitter)
③ 子どもカメラマンロジェクト紹介
パラトラ、パラスポーツの魅力に学ぶパラアスリート取材交流。子どもカメラマン隊の隊長・久下真以子(パラスポーツ記者)
④ 日程未定 横浜への挑戦(エイジzoomイベント検討)
⑤ LINE提携;オープンチャット「パラトラ横浜+パラトラトーク2021」
https://line.me/ti/g2/F1T9j0aaGUuIzEAbwGRPNA…
⑥ その他インタビュー企画
<応援サポーター、スタッフ>
堀 潤(ジャーナリスト)、太田 慎也(パラリンピックドキュメンタリーWHO I AMチーフプロデューサー)、野島 弘(トリノパラ・チェアスキー日本代表)、佐々木 延江(NPO法人パラフォト代表・2020ホストタウンアドバイザー)丸山 裕理(フォトジャーナリスト、フリーアナウンサー)、久下 真以子(フォトジャーナリスト、フリーアナウンサー)、望月 芳子(ライター、編集者)、石野 恵子(記者、トライアスリート)、山下 元気(カメラマン)、白石怜平(ジャーナリスト)、新部 遥希(パラスポーツ記者)
<共催>
ヨコハマ・フットボール映画祭(横浜スポーツコミュニケーションズ)、横浜コミュニティデザイン・ラボ
<配信スタジオ>
象の鼻テラス
<後援>
横浜市
<協力>
横浜トライアスロン大会組織委員会、日本トライアスロン連合、神奈川県トライアスロン連合、順天堂大学障がい者スポーツ愛好会、LOCAL GOOD YOKOHAMA(おたがいハマプロジェクト)、ヨコハマ経済新聞、堀潤(ニュースキャスター)、野島弘(パラリンピアン、パラスポーツこども企画)、太田慎也(WOWOW「WHO I AM」チーフプロデューサー)、山本華菜子(元・上智大学「ソフィア オリンピック・パラリンピック 学生プロジェクト Go Beyond」)、村山久嗣(ヒューズ)、ZEN(野島弘)、キッズコネクション(沖田)、ミニシティプラス(岩室晶子)、グローバルキッズ/AEA(松山ユカ)、ピクニックルーム(後藤清子)、ルーデンス(森由香)、3Sプロジェクト(大島・利根川)、よこはまクリエイティブ財団
最新の情報は国際障害者スポーツ写真連絡協議会(パラフォト)のホームページで。
https://www.paraphoto.org/

ライター紹介

「LOCAL GOOD YOKOHAMA」は、 サービス、 モノ、 カネ、 ヒト、 情報の循環をつくっていくことを目指し、インターネット上の場と、インターネットを超えた地域の現場両面から、地域をよくする活動「地域のGOOD=ステキないいコト」に市民、企業が参加するきっかけをつくっていきます。活動に加わり、メンバーとして地域に関わっていくローカルグッドサポーター、プロボノを募集しています。

ニュース一覧へ戻る