ローカルグッドニュース

横浜市SDGs認証制度 “Y-SDGs” 令和2年度第2回の認証事業者が決定!

横浜市は、SDGs未来都市・横浜の実現に向け、ヨコハマSDGsデザインセンターが中心となり、市民・事業者と連携しながら、「身近な課題解決」を「世界の課題解決」につなげる取組を進めています。

横浜市SDGs認証制度 “Y-SDGs”(以下「Y-SDGs」)は、第2回目の募集を1月から開始しました。、

昨年11月の第1回認証に続き、Y-SDGs の達成に向けて取り組む多くの事業者から申請がされ、119者が認証されました。
これにより、前回と合わせると、今年度の認証事業者数は、148者となりました。

今回、申請数が大きく増加したことから、認証数が前回の4倍となり、そのうち市外事業者は6件に増加しています。

認証事業者のうち建設業が全体の33%を占め、続いて、製造業、小売業の順です。

また、令和3年度から本格的に開始される予定の事業評価制度は、「横浜市SDGs biz サポート補助金」の採択事業を対象に試行的に評価が進められています。

https://www.yokohama-sdgs.jp/sdgs

https://www.city.yokohama.lg.jp/kurashi/machizukuri-kankyo/ondanka/futurecity/20201130ysdgs.html

 

 

ライター紹介

「LOCAL GOOD YOKOHAMA」は、 サービス、 モノ、 カネ、 ヒト、 情報の循環をつくっていくことを目指し、インターネット上の場と、インターネットを超えた地域の現場両面から、地域をよくする活動「地域のGOOD=ステキないいコト」に市民、企業が参加するきっかけをつくっていきます。活動に加わり、メンバーとして地域に関わっていくローカルグッドサポーター、プロボノを募集しています。

ニュース一覧へ戻る