ローカルグッドニュース

11/24(水)開催!【Yokohama Startups 2021 Vol.8】 サーキュラ―エコノミーとDX:使い捨てのない未来をデザインする

「サーキュラーエコノミー×DX」をテーマに、全3回にわたって開催してきた「Yokohama Startups 2021」のサーキュラーエコノミー特集。横浜を多くのスタートアップやイノベーションマインドを持つ方が集まるエリアにすることを目的に、開催してきたこのシリーズイベントも11月24日(水)の夜、いよいよ最終回です。

このイベントは、各回横浜ゆかりのスタートアップや関係者をゲストにお迎えし、横浜のスタートアップの現状を知り、スタートアップ支援に必要な方向性やヒントを得るためのトークイベントを開催しています。

最終回の今回は、循環型のショッピングプラットフォーム「LOOP」を展開するテラサイクルジャパン合同会社の代表・エリック・カワバタさん、日本初の無料給水アプリ「mymizu」を展開する一般社団法人Social Innovation Japanの共同創設者・ルイスロビン敬さんをゲストにお迎えし、「使い捨て」のない循環型のライフスタイルを実現するためのイノベーションとビジネスモデルについて学んでいきます。

無料のイベントですので、興味がある方はぜひお気軽にご参加ください!


■こんな人にオススメです!

〇起業準備中の方、起業に関心がある方
〇スタートアップや中小企業の方
〇スタートアップ支援に従事している方
〇横浜のスタートアップ事情に関心がある方

■開催概要

【日 程】
2021年11月24日(水)19:00~20:30(20:30~21:00はアフタートーク)

【開催方法】
オンライン開催
※当日はPeatix内の視聴ページよりイベントへご参加ください。
URL: https://yokohamastartups2021-08.peatix.com/

【参加費】
無料

【主催】
関内イノベーションイニシアティブ株式会社

【問い合わせ先】
kii-info@massmass.jp

 

【ゲスト①】

エリック・カワバタ (Eric Kawabata)
アジア太平洋統括責任者 Asia Pacific General Manager /テラサイクル
アジア太平洋統括責任者 Asia Pacific General Manager /Loop
日本代表 Japan General Manager/テラサイクル ジャパン
日本代表 Japan General Manager/Loop Japan

<プロフィール>
環境及びサステナビリティ分野に 10 年以 上携わってきた豊富な経験を持つ。2008 年から日本の カーボン・フリー・コンサルティングでボランティア として働きはじめ、2009 年にはオーシャン・グリーン・ アソシエーションの共同創設者として、日本でのサン ゴの白化や海洋生態系に及ぼしている影響を目の当たりにし、海洋の水温を下げる取り組みを行っている。
2013 年からはテラサイクルで働き始め、2014 年 1 月にテラサイクル ジャパンの日本代表 に就き、アジアでの事業を正式に開始した。その後、2016 年には、テラサイクルのアジア 太平洋統括責任者として中国(2016 年)や韓国(2017 年)でテラサイクルの現地法人を設立した。2019 年からは Loop のアジア太平洋統括責任者と日本代表も兼務する。
TerraCycle

【ゲスト②】

ルイスロビン敬
共同創設者 mymizu
代表理事 一般社団法人Social Innovation Japan

<プロフィール>

プラスチックの消費削減をミッションにした、日本初の無料給水プラットフォーム「mymizu」の共同創設者。また、一般社団法人Social Innovation Japan代表理事。世界銀行(気候変動グループ)のコンサルタントとしての経験を含め、これまでに20ヶ国以上における国際機関、社会的企業、NGOで活動した経験を持つ。ハイチ、ネパール、バヌアツ、モザンビークなどの国々では人道支援活動を管理し、持続可能な開発に関連する多数の国際事業にも携わった。渋谷QWSイノベーション協議会理事。Youth4Nature理事。TEDx スピーカー。MITテクノロジーレビュー主催のアワード「Innovators Under 35 Japan 2020」において、未来を創る35歳未満のイノベーターの1人に選出された。エジンバラ大学国際ビジネス学修士課程卒業。
https://www.socialinnovationjapan.com/

【オーガナイザー】

加藤 佑(ハーチ株式会社 代表取締役)

<プロフィール>
1985年生まれ、横浜育ち。東京大学卒業後、リクルートエージェントなどを経て、2015年12月にHarch Inc.を創業。翌年12月、世界のソーシャルグッドなアイデアマガジン「IDEAS FOR GOOD」を創刊。2020年に第一回ジャーナリズムXアワード受賞。サーキュラ―エコノミー専門メディア「Circular Economy Hub」、横浜市のサーキュラーエコノミープラットフォーム「Circular Yokohama」(YOXOアクセラレータープログラム第一期に採択)など複数事業を展開

【オーガナイザー】

治田 友香 (関内イノベーションイニシアティブ 代表取締役)
<プロフィール>
マンションデベロッパー、NPO支援組織、起業家支援財団を経て、2013年6月から現職。NPO法立法運動、自治体・企業のNPO支援策の企画を経験。「地域の課題に取り組む人やそれを応援する人を育てるための、講座事業や伴走支援事業等、さまざまなソリューションの提供を通じて、次の時代の街・社会の未来を担うエコシステムの形成を目指す」をコンセプトに、人材育成や組織の成長支援、調査研究やコンサルタント事業などに取り組む。

【ナビゲーター】

船本 由佳 氏( Kosha33ライフデザインラボ所長 )

<プロフィール>
同志社大学法学部卒業。NHKキャスターとして広島・大阪・横浜放送局で勤務。報道番組キャスター、中継リポーター、旅番組レポーター、ドキュメンタリーのナレーション、FMパーソナリティなど担う。2011年度NHK地域キャスター表彰受賞。2018年より神奈川県住宅供給公社 団地共生プロデューサーを務める。

 

 

【注意事項】
・オンライン配信サービスの接続や設定についてはサポート対象外となります。
・映像や音声が乱れる場合がございます。ご了承ください。
・配信内容の録画/録音はご遠慮ください。
・開始、終了時刻は前後する可能性がございます。

 

ライター紹介

「LOCAL GOOD YOKOHAMA」は、 サービス、 モノ、 カネ、 ヒト、 情報の循環をつくっていくことを目指し、インターネット上の場と、インターネットを超えた地域の現場両面から、地域をよくする活動「地域のGOOD=ステキないいコト」に市民、企業が参加するきっかけをつくっていきます。活動に加わり、メンバーとして地域に関わっていくローカルグッドサポーター、プロボノを募集しています。

ニュース一覧へ戻る