ローカルグッドニュース

3Rの取組でごみを出さない美しい未来を目指す 大都市連携キャンペーン実施

横浜市では、ごみと資源の総量等を削減する「ヨコハマ3R夢プラン」に基づき、3Rの取組を推進しています。

3Rに対する理解と循環型社会の形成の取組を推進することを目的とした「3R推進月間」である10月1日から、大都市(20政令都市、東京23特別区)が連携して「大都市減量化・資源化共同キャンペーン」が実施が始まりました。キャンペーンを通して、市民・事業者に3R行動の実施を呼びかけます。

キャンペーンのキャッチコピーである「3Rで描こう!ごみを出さない美しい未来」には、3Rの意味や、キャンペーンの趣旨・目的が表現されており、3Rの取組によって色を付ける=「実現化する」というメッセージが込められています。

キャンペーン期間中(10月1日から10月31日)、市内各所(各区役所や資源循環局事務所)で実施されているフードドライブに協力した人には啓発物品としてステンレスボトルを受け取ることができます。フードドライブとは、各家庭で使いきれない未使用食品を持ち寄り、フードバンク団体や地域の福祉施設・団体などに寄付する活動です。

ステンレスボトルデザイン

啓発物品としてのステンレスボトルには、自然や動物との共存がストーリーの根底にある絵本のキャラクターである「バーバパパ」がプリントされており、使いやすいデザインとなっています。ステンレスボトルの配布を通して、3Rの内容を前面にPRすると共にステンレスボトルのメリットを周知・拡散することを目指します。

 

キャンペーン実施場所・時期については こちらから

 

 

 

ライター紹介

ニュース一覧へ戻る