ローカルグッドニュース

横浜”郊外”の魅力的な暮らし方のアイディア はまっこ郊外暮らしコンペティション 結果発表

横浜市立大学と京浜急行電鉄株式会社、横浜市は、横浜市内における新たな郊外の暮らし方について、空き家等を活用して実現する「すまいづくり・まちづくり」のアイディアを募集するため、「はまっこ郊外暮らしコンペティション」を実施し、受賞作品を選出しました。

令和元年9月から12月まで募集し、76 件のエントリーがありました。3月に「はまっこ郊外暮らし検討会」のメンバーによる最終審査を実施。グランプリ1点、京急賞1点、横浜まちづくり賞1点、横浜市立大学賞1点、イノベーション賞1点、特別賞1点、はまっこ賞(佳作)4点を選出しました。
令和2年度についても「はまっこ郊外暮らし検討会」を継続し、受賞したアイディアの具体化等を産官学連携により検討していきます。

第3回検討会(令和元年9月):金沢区並木周辺を視察。
金沢シーサイドタウンの課題や地域住民の活動について意見交換を実施。

第4回検討会(令和元年11月):先進事例であるホシノタニ団地・黒川ネスティングパークを視察。
第5回検討会(令和2年2月):最終審査に向けた検討会を実施。※第6回検討会は書面・メールによる最終審査

 

【はまっこ郊外暮らしコンペティション 審査 結果】
テーマ:横浜の郊外住宅地における魅力的な「 暮らし方 」
・グランプリ 「あきシェア」 応募代表者:長縄 海広様

・京急賞 「ここからふるさとをはじめる」 応募代表者:手塚 悦子様
・横浜まちづくり賞 「 境界に居場所ある街」 応募代表者:山田 智彦様 (スタジオバッテリー)
・横浜市立大学賞 「自給自足のまち東朝比奈 郊外だからこそできる自給自足生活~持続可能な社会を目指して~」 応募代表者:石淵 皓太様
・イノベーション賞:「植物ラックコミュニティ計画」 応募代表者:清水 勇佑様
・特別賞 「 子育て世代家族が住みやすい街能見台・富岡」 応募代表者:土屋 杏里様

 

https://www.city.yokohama.lg.jp/city-info/koho-kocho/press/toshi/2019/0331hamakko.html

ライター紹介

「LOCAL GOOD YOKOHAMA」は、 サービス、 モノ、 カネ、 ヒト、 情報の循環をつくっていくことを目指し、インターネット上の場と、インターネットを超えた地域の現場両面から、地域をよくする活動「地域のGOOD=ステキないいコト」に市民、企業が参加するきっかけをつくっていきます。活動に加わり、メンバーとして地域に関わっていくローカルグッドサポーター、プロボノを募集しています。

ニュース一覧へ戻る