ローカルグッドニュース

パラリンピック・ドキュメンタリー「WHO I AM」上映会、パラアスリート卓球交流会が開催される!〜横浜から「パラスポーツの街づくり」を。〜

オリンピック・パラリンピックに連続出場する卓球の女王ナタリア・パルティカ選手の魅力に迫るドキュメンタリー作品「WHO I AM」が5月17日(金)、「象の鼻テラス(横浜市中区海岸通1丁目)」で上映されます。

「WHO I AM」は、BS放送のWOWOWとIPC(国際パラリンピック委員会)の共同によるパラアスリート密着取材プロジェクト。上映会はWOWOWが協力し、2000年のシドニーパラリンピックより障害者スポーツの報道に取り組んできたNPO法人国際障害者スポーツ写真連絡協議会(通称:パラフォト/横浜市中区)や横浜フットボール映画祭など映像やスポーツ、障害者に関連した市民団体がつながり、協力しあって準備をすすめています。

上映会には、密着取材を指揮する”WHO I AM”チーフプロデューサーの太田慎也氏、トリノパラ・アルペンスキー日本代表の野島弘氏、スペシャル・ゲストとしてパラ卓球日本代表のエース・岩淵幸洋選手が登場します。上映に先立ち15時から、パラアスリートと会場を訪れた人々が卓球を楽しめる「パラ卓球お試し交流会」が開催されます。入退場自由・参加無料で誰でも参加できます。

18時半からの上映作品では、ナタリアがオリパラの卓球で歩んできた姿、周囲の人々や街に育まれる日常に触れることができます。

「大舞台に立つ選手と支える人達の物語はもちろんのこと、スポーツそのものの価値、スポーツと障害、地域と障害について、多くの人々と共有し交流し、来年はパラリンピックが自国開催される醍醐味を共有したい」とパラフォト代表の佐々木延江さんは考えています。

なお、これらのイベントは、翌日、同地区で「世界トライアスロンシリーズ横浜大会」が展開されるための応援を兼ねています。オリンピック・パラリンピックのレースが毎年・同日に見れる全国唯一のチャンスであり、パラトライアスロンにも世界各国から70名のパラトライアスリートが来日。早朝6時50分からスイム・バイク・ランの激闘が繰り広げられます。

連動企画として、子どもたちが主体となる「パラフォト・子ども放送局」が結成される予定だという。小学生から大学生まで、パラスポーツに興味のある子どもスタッフも随時募集しています。

(問い合わせ先:パラフォト/久下真以子 メール:maimarilyn831@gmail.com )

 

上映会は18時30分から(18時受付開始)。狩猟後に、交流会が19時40分から20時20分まで開催される。入場無料。

ライター紹介

「LOCAL GOOD YOKOHAMA」は、 サービス、 モノ、 カネ、 ヒト、 情報の循環をつくっていくことを目指し、インターネット上の場と、インターネットを超えた地域の現場両面から、地域をよくする活動「地域のGOOD=ステキないいコト」に市民、企業が参加するきっかけをつくっていきます。活動に加わり、メンバーとして地域に関わっていくローカルグッドサポーター、プロボノを募集しています。

ニュース一覧へ戻る