ローカルグッドニュース

「地域とともに創る横浜型小中一貫教育」

横浜市では、横浜型小中一貫教育を全市的に推進するため、全小・中学校の教職員等による「横浜型小中一貫教育推進協議会」を定期的に開催しています。
今回は、「地域とともに創る横浜型小中一貫教育」をテーマにして、パネルディスカッションを行います。

「小中一貫教育推進ブロック」(全142ブロック)における地域連携の取組について、その成果と課題について共有し、今後の取組に生かします。

 

横浜型小中一貫教育とは…
小・中学校間連携を深めることにより、義務教育9年間の学習指導と生活指導の円滑な接続を図る教育です。概ね中学校区を一つの「小中一貫教育推進ブロック」として、年間を通して、学校行事や地域の行事、合同授業研究会等を通じた児童生徒間、教職員間の交流や連携を深めています。

なお、協議会の参加は、全市立小・中学校の教職員を対象としています。

 

1 日 時
平成26年9月11日(木)15:30~16:45(15:00 開場)
2 会 場
保土ケ谷公会堂 講堂 (住所 横浜市保土ケ谷区星川1-2-1)
3 テーマ
「地域とともに創る横浜型小中一貫教育」
4 内 容
地域連携の取組において特色のある実践(※)を行っている「小中一貫教育推進ブロック」の管理職や実務担当者によるパネルディスカッション

○パネラー 「小中一貫教育推進ブロック」のうち4ブロックの代表者
岡野中学校ブロック(西区)
上菅田中学校・新井中学校ブロック(保土ケ谷区)
港南台第一中学校ブロック(港南区)
中山中学校ブロック(緑区)

○アドバイザー 横浜市立東山田中学校コミュニティハウス館長
特定非営利活動法人「まちと学校のみらい」代表 竹原 和泉 氏
※特色のある実践…小・中学生が参画する地区懇談会や街の教育座談会、地域と学校が協働して創り上げるキャリア教育や地域サマーフェスティバル等

ライター紹介

「LOCAL GOOD YOKOHAMA」は、 サービス、 モノ、 カネ、 ヒト、 情報の循環をつくっていくことを目指し、インターネット上の場と、インターネットを超えた地域の現場両面から、地域をよくする活動「地域のGOOD=ステキないいコト」に市民、企業が参加するきっかけをつくっていきます。活動に加わり、メンバーとして地域に関わっていくローカルグッドサポーター、プロボノを募集しています。

ニュース一覧へ戻る