ローカルグッドニュース

港北ニュータウンメゾンふじのき台で「絆を深めるタッチケア体験&子育て交流会」

 港北ニュータウンメゾンふじのき台(横浜市都筑区茅ケ崎南4)集会所で9月26日、子育て頼り合いサービス「子育てシェア」による親子同士や地域住民向け交流イベントが開催されます。

 港北ニュータウンメゾンふじのき台では、親子の出会いと交流の場所「港北ニュータウンメゾンふじのき台交流会」が、毎月2回開催されており、団地内や周辺にお住まいの妊娠中から小学生の子どもが居る方、子育て世帯を応援したいと思っている方などが集まっています。昨年末から、管理する独立行政法人都市再生機構(UR都市機構)の協力で、親子同士の交流会が毎月開催されいます。

 「子育てシェア」は「AsMama(アズママ)」(横浜市中区)が提供するサービスで、同社のSNSを使って「同じ保育園に子どもが通っている」など一定のコミュニティー内で、子どもの送迎や保育を1時間500~700円から依頼し合うことができるサービスです。同社ではさまざまなコミュニティーで、リアルの交流イベントを交えながらサービスを展開しています。

 9月26日は、赤ちゃんから育ち盛りの子どもの成長のため、夫婦のコミュニケーション、シニアの方の身体のケアでも取り入れられている、ハンドトリートメントや足裏刺激などによる「タッチケア」を体験できます。講師は、廣田美絵子さん(コミュニケーションタッチスクールセルツェ主宰)。

 開催時間は10時30分~12時。参加無料(要申込み、申込期限:9月25日17:00)。

ライター紹介

「LOCAL GOOD YOKOHAMA」は、 サービス、 モノ、 カネ、 ヒト、 情報の循環をつくっていくことを目指し、インターネット上の場と、インターネットを超えた地域の現場両面から、地域をよくする活動「地域のGOOD=ステキないいコト」に市民、企業が参加するきっかけをつくっていきます。活動に加わり、メンバーとして地域に関わっていくローカルグッドサポーター、プロボノを募集しています。

ニュース一覧へ戻る