ローカルグッドニュース

ローカルグッドニュース

ジャズ喫茶ちぐさ「繋ぐぜ!ジャズ喫茶の心意気」陸前高田のジャズ喫茶ジョニー応援企画・梅津和時ちびブラスライブ

中区 アート 災害救援 音楽

ちぐさ - 1 (1)

中区野毛に現存する日本最古のジャズ喫茶ちぐさ(一般社団法人ジャズ喫茶ちぐさ・吉田衛記念館 代表藤澤智晴、横浜市中区野毛2)が8月10日(木)、津波で流された東北・陸前高田のジャズ喫茶の再建を応援する音楽イベントを開催します。

ミュージシャンは、東日本大震災以降ジャズ喫茶ちぐさや東北、野毛とも交流を重ねている「梅津和時ちびブラス」だ。サックス、トロンボーン、チューバを中心とした最小のブラスバンド。その躍動感あるライブは時にお店の外にも楽器ごと飛び出し、道行く人を魅了するライブで毎回大人気です。

なぜ東北のジャズ喫茶を横浜のジャズ喫茶が応援することになったのか、その経緯を本イベントの企画者であり、ジャズ喫茶ちぐさのボランティアでもある鈴木光さん(減災アトリエ主宰)に聞いてみました。

鈴木さんによると、陸前高田にあるジャズ喫茶「ジャズタイムジョニー」(陸前高田市竹駒町字仲の沢9)は、東日本大震災で津波に流されながらも、仮設店舗で営業を続けていました。しかし、行政からの店舗無償支援による営業のサポートが終了し、高台への移転が迫られています。移転先の土地は確保できましたが、店舗建設のための費用が乏しく、今のままでは閉店を余儀なくされているそうです。

鈴木さんは、「実は、今でこそ現存する最古のジャズ喫茶といわれていますが、ジャズ喫茶ちぐさも一度は2007年に都市再整備計画の影響で閉店しました。その後、ちぐさを愛する有志によっていくつかの段階を経ながら2012年3月11日に再開を果たしました」と話しています。

その再開のきっかけが、ある新聞の記事であったというから驚きである。その記事は、あるジャズ喫茶の店主がレコード1枚を持って、東日本大震災による津波の跡地に立っている写真が記憶に残るものでした。津波で、陸前高田市高田町大町にあった「ジャズタイムジョニー」は、跡形もなくながされてしまいました。記事は、店主が、いつかジャズ喫茶の再建を心に誓っているという内容でした。

その記事をみた、昔ちぐさに通っていた横浜の有志が、ジャズ喫茶やジャズを愛好してきたものとして、何かできないかと東北にレコードを届けたのが、東北と「ジャズ喫茶ちぐさ」との関係の始まりでした。

鈴木さんは、震災のあった年の夏に、陸前高田に再建した仮設のお店のマップづくりボランティアで行った時に、多くの人が口々に「あ、よかった、ジョニーがある!」「あ、ジョニー!!」という言葉を聞いたそうです。

「最初はジョニーがジャズのお店と知らなかったのですが、皆さんが口々にジョニー、ジョニーというので愛されてきたお店なんだなということはすぐにわかりました。」それからすぐに鈴木さんは、ジョニーがジャズ喫茶であることがわかり、ジョニーのママの照井由紀子さんと意気投合したそうです。
ちぐさ - 2
ジョニーは、多くのミュージシャンからも一目おかれ、親しまれていました。有名無名にかかわらず、ミュージシャンたちがジョニーで復活応援ライブを開催していました。そのミュージシャンの一つが「梅津和時ちびブラス」でした。

「もともと好きなミュージシャンであった梅津さんが大好きなジョニーでライブをするということで、わざわざ陸前高田まで聴きにいきました」と鈴木さん。

そこで梅津さんも仙台出身であることを知り、東北への思いを歌った楽曲「東北」を聴き、これは横浜でも多くの方に聞いてもらいたいと思ったそうです。それから、梅津さんたちとジャズ喫茶ちぐさや野毛の交流が始まりました。

鈴木さんは、「ジャズ喫茶ちぐさが再開できたのも、再開から今現在に至るまで、多くの方のボランティアや応援があったからです。何より、東北で再起に向けている人たちがいる、ちぐさもがんばろうよ、というのが大きな原動力でした。今でも東北のジャズ喫茶仲間が再建に向けてがんばっていると知り、何かできないかと思い今回の音楽ライブを思いつきました。また、実は東北はジャズ喫茶のメッカなんです。その先駆けともいえるのが陸前高田のジョニーであり、リスペクトの気持ちを持っています」と言います。

「梅津和時ちびブラス」は10日のジャズ喫茶ちぐさライブを皮切りに、福島県、宮城県、岩手県をツアーします。8月13日には陸前高田のジャズタイムジョニーでライブを開きます。
ちぐさ - 1 (2)
ジャズ喫茶ちぐさでは、売り上げをジョニーへのカンパとします。会場にはカンパ箱を設け、集まったお金を梅津さんたちに託すとのことです。

鈴木さんは「ぜひ、横浜からジャズが好き!ジャズ喫茶が好き!東北が好き!という心意気を陸前高田につなげたいと思います。一人でも多くの方にお越しいただき、音楽を楽しんでいただけたらとても嬉しいです」と話しています。

<ライブ詳細>
ちぐさ - 4
繋ぐぜ!ジャズ喫茶の心意気
陸前高田のジャズ喫茶ジョニー応援企画
梅津和時ちびブラス in ジャズ喫茶ちぐさ
BONジュール東北!ちびブラス灼熱ツアー2017夏

出演:梅津和時ちびブラス
梅津和時(As,Ss,Cl)、多田葉子(Ts,Fl) 、三原智行(Tb) 、菱沼尚生(Tuba,Fh)

日時:2017年8月10日(木)
オープン 18:30
スタート 19:00
エンド  21:30
場所:ジャズ喫茶ちぐさ(横浜市中区野毛町2-94)
料金:(前売)3,000円+1ドリンク、(当日)3,500円+1ドリンク
予約方法:ジャズ喫茶ちぐさ(店頭または電話 045-315-2006)

ジャズタイムジョニーの再建に関する詳細な情報とカンパはこちら
再建に関する応援プロジェクト全体に関するお問い合わせ
ジャズタイムジョニー再建実行委員会
実行委員代表 柳澤昌英 takatajonny@yahoo.co.jp

ライター紹介

ローカルグッド編集部
ローカルグッド編集部

「LOCAL GOOD YOKOHAMA」は、 サービス、 モノ、 カネ、 ヒト、 情報の循環をつくっていくことを目指し、インターネット上の場と、インターネットを超えた地域の現場両面から、地域をよくする活動「地域のGOOD=ステキないいコト」に市民、企業が参加するきっかけをつくっていきます。活動に加わり、メンバーとして地域に関わっていくローカルグッドサポーター、プロボノを募集しています。

ニュース一覧へ戻る