ローカルグッドニュース

横浜ブルーカーボン「わかめ収穫イベント」開催

環境未来都市・横浜市は、臨海部を対象として、環境・エネルギーを切り口とした施策展開や産業振興に取り組み、温室効果ガス削減と経済活性化を進める「横浜グリーンバレー構想」を展開しています。

 

この構想の一環として、“海洋”を舞台とした新たな脱温暖化プロジェクト「横浜ブルーカーボン」に2011年度から取り組んでおり、本事業の啓発イベントとして、横浜・八景島シーパラダイス(横浜市金沢区八景島)の“ 海育”施設「うみファーム」にて、2014年12月の「わかめ植付けイベント」に続き、「わかめ収穫イベント」が開催されます。こどもたちがワカメの収穫を体験することにより、わかめが生育する様子や、わかめなどの海洋生物が温室効果ガスを吸収することを学びます。

 

※横浜ブルーカーボンとは
海洋に生息する生き物によって吸収・捕捉される炭素を「ブルーカーボン」といいます。『横浜ブルーカーボン』では、「ブルーカーボン」に加え、海洋におけるエネルギー等の利活用を「ブルーリソース」と名付け、これらを一体として脱温暖化に取り組み、さらに、海辺環境の魅力を向上させることで「親しみやすい海づくり」を目指しています。
具体的な取組として、ブルーカーボン等を活用したカーボン・オフセット制度の導入を進めており、2014年度実施した社会実験では、横浜市漁業協同組合と株式会社横浜八景島の「ワカメの地産地消」等によるCO2削減効果を活用し、横浜シーサイドトライアスロン大会の開催で排出されたCO2のオフセットを行いました。

 

※横浜未来環境都市
環境問題や超高齢化への対応などの様々な社会的課題に総合的に取り組んで活力ある都市をつくる、国家的なプロジェクトのひとつ。横浜市は、2011年12月、国から「環境未来都市」に選定されました。

 

【概要】
(1)開 催 日:2015年2月28日(土)
(2)開催時間:13時00分~14時00分(受付12時30分~13時00分)
(3)対 象:小・中学生先着30人
参加希望者多数の場合、アクアリゾーツパス(うみファームを含む水族館4施設パス)をお持ちの方が優先です。
(4)開催場所:横浜・八景島シーパラダイス うみファーム内
(横浜市金沢区八景島)
(5)受付:事前申込み不要。アクアミュージアム前シーパラシー太像前にて
(6)内 容:わかめの収穫体験
(7)費 用:収穫体験への参加は無料
【アクアリゾーツパス】
大人2,900円
小・中学生1,700円

(備考) ※荒天中止。
お知らせは、横浜・八景島シーパラダイスのHPに掲載します。
http://www.seaparadise.co.jp/

ライター紹介

「LOCAL GOOD YOKOHAMA」は、 サービス、 モノ、 カネ、 ヒト、 情報の循環をつくっていくことを目指し、インターネット上の場と、インターネットを超えた地域の現場両面から、地域をよくする活動「地域のGOOD=ステキないいコト」に市民、企業が参加するきっかけをつくっていきます。活動に加わり、メンバーとして地域に関わっていくローカルグッドサポーター、プロボノを募集しています。

ニュース一覧へ戻る