ローカルグッドニュース

鶴見区が「ことりっぷ横浜鶴見」発行

鶴見区では「千客万来つるみ」プロモーション事業(※)を通じて、区内への誘客に取り組んでいます。この事業の一環として、累計発行部数1,000万部を超える人気の旅行ガイドブック「ことりっぷ」を発行する株式会社昭文社の制作協力のもと、『ことりっぷ 横浜鶴見』を発行しました。

本冊子では、鶴見区広報紙での区民アンケートや「ことりっぷ」編集部のリサーチなどでピックアップした区内の観光資源の情報を厳選して紹介しています。区内外の観光施設などで無料配布し、区内に人を呼び込むことで地域経済の活性化につなげる目的です。

「ことりっぷ」の無料配布冊子の発行は県内初、行政区単位での発行は全国初となります。

(※)「千客万来つるみ」プロモーション事業
2012年度の生麦事件発生150年、鉄道開業140周年がきっかけ。鶴見のまちが持つ魅力、観光資源、イベントなどを一体的にアピールすることで、地域の文化や歴史の関心を高めるとともに、区域外からの集客を増やし、地域経済の活性化を図る目的で開始されました。

■「ことりっぷ 横浜鶴見」について

冊子名:「ことりっぷ 横浜鶴見」
発行:鶴見区
制作:株式会社昭文社
サイズ:A5変型判
ページ数:16ページ(フルカラー)
内容:おさんぽコースの紹介、見どころ・飲食店・みやげ店などの紹介 ほか
発行数:2万部
配布場所:市民情報センター(横浜市庁舎)、市内観光案内所・18 区役所・図書館、都内(東京シティアイ、TIC TOKYO ほか)ほかで無料配布

配布開始:2015年1月9日(金)から

(※)ことりっぷとは?

2008年の創刊以来、「軽くてコンパクト」「こだわりの装丁」「セレクトされた情報が信頼できる」と、働く女性を中心に圧倒的支持を得ている旅行ガイドブックシリーズです。2014年には累計販売数1,000万部を超え、ますます拡がりを見せています。

ライター紹介

「LOCAL GOOD YOKOHAMA」は、 サービス、 モノ、 カネ、 ヒト、 情報の循環をつくっていくことを目指し、インターネット上の場と、インターネットを超えた地域の現場両面から、地域をよくする活動「地域のGOOD=ステキないいコト」に市民、企業が参加するきっかけをつくっていきます。活動に加わり、メンバーとして地域に関わっていくローカルグッドサポーター、プロボノを募集しています。

ニュース一覧へ戻る