ローカルグッドニュース

まちづくり市民委員募集!!

横浜市地域まちづくり推進条例では、安全で快適な魅力あるまちを実現することを目的とし、市民と市が協働して行う地域まちづくりについて、市民と市のそれぞれの責務を明らかにするとともに、地域まちづくりに関する基本的な事項を定めています。
横浜市都市整備局では、この条例に基づく「横浜市地域まちづくり推進委員会」と「ヨコハマ市民まち普請事業部会」に、市民等の意見を反映するため、市民委員を公募しています。

 

【各委員の役割】

横浜市地域まちづくり推進委員会委員(委員数8名)

  • 地域まちづくり組織・プラン・ルールの認定の際の審議
  • 地域まちづくりの推進状況報告書に関する審議
  • その他地域まちづくりに関する基本的事項についての審議

※委員会は年間3~4回の開催を予定しています。

ヨコハマ市民まち普請事業部会委員(委員数8名)

  • 市民による身近な生活環境の整備(施設整備)提案の選考
  • ヨコハマ市民まち普請事業に関する事項についての審議

※部会は、年間6回程度(年2回の公開コンテスト(土・日開催)の場での審査を含む)開催し、その他、2次コンテスト対象提案の現地見学会や活動懇談会・整備成果報告会なども開催します。

【応募資格】

次の要件すべてに該当する方

1.申込日時点で満20歳以上の横浜市内に在住、在勤又は在学の方(横浜市職員は除きます。)

2.地域まちづくりの活動などに理解及び関心を持つ方 (例えば:自治会町内会活動、まちのプラン・ルール、防災・防犯、身近な道路・公園、水辺、地域イベント、ボランティア、まちおこし…などのまちづくり活動)

3.任期期間中、委員会又は部会に出席できる方 (※主に平日に開催しますが、土日や、9時開始・18時開始となる場合があります。)

 

【募集人数】

横浜市地域まちづくり推進委員会委員  2人
ヨコハマ市民まち普請事業部会委員   2人

 

【任期】

2015年4月1日から2017年3月31日まで

 

【申込方法・申込期限】

申込書に必要事項と小論文(A4判1枚・1,000字程度・図表を入れても可)を記入し、申込書送付先まで、郵便又はEメールでお送りください。(FAXによる申込はできません。)

申込書様式 ダウンロード(PDF形式(102KB) / ワード形式(40KB)
小論文様式 ダウンロード(PDF形式(79KB) / ワード形式(127KB)

申込受付期間:2014年11月4日(火)~2014年12月5日(金)書類必着

【選考方法】

横浜市市職員により構成する市民委員選考委員会が、選考を行います。
申込書及び小論文により書類選考(1次選考)を行い、選考通過者に対して、2015年1月27日(火)午後(予定)よりグループ面接を行います。
面接は、市民委員選考委員及び「横浜市地域まちづくり推進委員会」又は「ヨコハマ市民まち普請事業部会」の委員により実施します。
なお、選考結果については、お申込みいただいた方全員に郵送又はEメールでお知らせします。

 

※選考のポイント

・地域まちづくりに対する問題・課題意識、関心、取組姿勢

・地域まちづくり推進条例の趣旨の理解と委員としての適格性

・ヨコハマ市民まち普請事業の趣旨の理解と委員としての適格性

 

【その他】

委員に選考され、委員会又は部会に出席したときは、規定により交通費を含む報酬が支払われます。

【申込書送付先】

〒231-0017 横浜市中区港町1-1 電話:045(671)2696 
横浜市都市整備局地域まちづくり課「市民委員受付係」
Eメール tb-machizukuri@city.yokohama.jp
※Eメールでお申し込みの場合は、件名に『【応募】まちづくり市民委員』と記入してください。

ライター紹介

「LOCAL GOOD YOKOHAMA」は、 サービス、 モノ、 カネ、 ヒト、 情報の循環をつくっていくことを目指し、インターネット上の場と、インターネットを超えた地域の現場両面から、地域をよくする活動「地域のGOOD=ステキないいコト」に市民、企業が参加するきっかけをつくっていきます。活動に加わり、メンバーとして地域に関わっていくローカルグッドサポーター、プロボノを募集しています。

ニュース一覧へ戻る