ローカルグッドニュース

「戸塚への定住意向」がアップ!

戸塚区では、区民の多様なニーズやライフスタイルに応え、的確な施策を展開していくために、3年に1度「区民意識調査」を実施しています。この調査では、様々な分野において、区民が日常生活の中で感じていることについてアンケートを実施、このたび本年度の調査結果が戸塚区HPにて報告されました。
調査結果は、今後の戸塚区政運営に生かされます。

 

アンケートは、生活環境全般に対する重要度、満足度、自助・共助による減災行動、児童虐待など全11テーマにおいて実施されました。

主な調査結果としては、戸塚に「住み続ける」「たぶん住み続ける」の合計が78.0%となり、前回調査から6.1ポイント上昇しています。また、「移転する」「たぶん移転する」の合計が7.4%となり、前回調査から5.2ポイント減少しています。

他にも、地域防災拠点訓練への参加においては、「参加したことがある」と「参加したいが参加したことはない」の合計が84.4%となり、防災訓練への関心の高さが伺えます。「参加したいが参加したことはない」を選択した人は、10代から40代に多くなっています。

そして、児童虐待の問題に関しては、約9割の人が児童虐待は重大な問題と認識しています。また、30代は「子育て中の保護者には、誰でも起こりうる問題だと思う」、60代は「保護者の子育てに対する意識が低下しているのではないか」、80代以上は「子どもを虐待する人は一部の特別な人である」を選択した人の割合が全体に比べて多く、児童虐待の捉え方は世代間により違いがみられます。

 

調査概要:

【対 象】区内に居住する16歳以上の方:3,000人(無作為抽出)

【方 法】郵送によるアンケート形式、全11テーマ(「生活環境全般に対する重要度、満足度」「自助・共助による減災行動」「児童虐待」など)

【実施期間】2014年6~7月

【回答数】1,607通

【回答率】53.6%

ライター紹介

「LOCAL GOOD YOKOHAMA」は、 サービス、 モノ、 カネ、 ヒト、 情報の循環をつくっていくことを目指し、インターネット上の場と、インターネットを超えた地域の現場両面から、地域をよくする活動「地域のGOOD=ステキないいコト」に市民、企業が参加するきっかけをつくっていきます。活動に加わり、メンバーとして地域に関わっていくローカルグッドサポーター、プロボノを募集しています。

ニュース一覧へ戻る