ローカルグッドニュース

中区で企業と行政が連携して「割り箸・レジ袋等削減キャンペーン in gooz」

gooz店頭の様子

現在、横浜市では事業者と連携したごみ削減の取組を行っています。
今年度も、株式会社スリーエフ(本社:横浜市中区)の協力のもと、レジ袋や割り箸等の削減に向けた、約2か月間のキャンペーンが、「『gooz』 いちょう並木通り店(横浜市中区日本大通15)」で行われています。
期間中、お弁当購入時のレジ袋や割り箸等を辞退された方へポイントを付与し、貯めたポイントと賞品を交換できるようにすることで、環境行動の促進を図ります。

 

キャンペーン内容:

キャンペーン期間中、お弁当購入時のレジ袋や割り箸・フォーク・スプーンを辞退するごとに、専用スタンプカード(当日配付枚数200枚)に1ポイント分のスタンプを押印します。貯まったポイントに応じて、3ポイントで「イーオミニタオル」、7ポイントで「無料でコーヒー1杯とマイボトル」がもらえます。

実施期間:2014年10月20日(月)~2014年12月19日(金)

実施店舗:「gooz※1」 いちょう並木通り店

(横浜市中区日本大通15 朝日会館ビル1階)
※1 株式会社スリーエフが運営しているファーストフード強化型店舗

ライター紹介

「LOCAL GOOD YOKOHAMA」は、 サービス、 モノ、 カネ、 ヒト、 情報の循環をつくっていくことを目指し、インターネット上の場と、インターネットを超えた地域の現場両面から、地域をよくする活動「地域のGOOD=ステキないいコト」に市民、企業が参加するきっかけをつくっていきます。活動に加わり、メンバーとして地域に関わっていくローカルグッドサポーター、プロボノを募集しています。

ニュース一覧へ戻る