高齢者のデジタルデバイドを中高生が解消。
中高生の学習支援を大学生、社会人が行い。
大学生、社会人は仲間をつくり。
子育て世代は、子供のお世話役としてリタイア世代を頼り。
リタイア世代は介護予防として、体操、ふれあい、土いじり、子守り、娯楽、地域管理をし。
介護が大変な家庭は、集まって悩みを分かち合い、ご近所に見守りを手伝ってもらう。

そんな循環するお世話に町内会通貨を乗せて、町内会の若返りと活性化ができないか。

みんなの声へ戻る