リビングラボ

「リビングラボ」とは、住民や企業、自治体、大学など様々な主体が協働し、暮らしを豊かにするためのモノやサービスを生み出したり、より良いものにしていくための活動のことです。様々な人が対等に議論しながらアイデアを出し合ったり、実生活の中でモノやサービスを使ってみることで新たな価値の創造が期待できるとされています。

2015年に大桟橋客船ターミナルで開催されたインターナショナルオープンデータデー横浜

まちの課題解決にデータを生かそう〜3月4日に大桟橋でインターナショナ...

総勢80人以上が登壇、20団体がブース出展!

中区 ローカルグッドニュース オープンデータ

戸塚区民文化センターで横浜型リビングラボ・フューチャーセッション

戸塚区からはじまる「ケア革新」

戸塚区 ローカルグッドニュース ダブルケア