ローカルグッドニュース

「第9回アジア・スマートシティ会議」プレイベント開催のお知らせ

この度、横浜市主催の第9回アジア・スマートシティ会議プレイベントとして、「YOKOHAMA WEEK『カーボンニュートラルの実現に向けた都市間連携によるスマートシティ~コロナ時代の展望~』」開催が発表されました。

横浜市では2012年より「アジア・スマートシティ会議(ASCC:Asia Smart City Conference)」を開催しています。ASCCとはアジア諸都市、政府機関、国際機関、学術機関及び民間企業等の代表者が一堂に会する国際会議です。会議では、アジアにおける持続可能な都市づくりの実現に向けた様々な知見が共有されます。第9回目となる今回は、「カーボンニュートラルの実現に向けた都市間連携によるスマートシティ~コロナ時代の展望~」をメインテーマに掲げ、2021年1月18日(月)に開催される見通しです。(詳しくは横浜市ASCCウェブページをご覧ください。)

プレイベント開催概要

  • プレイベントテーマ:YOKOHAMA WEEK『カーボンニュートラルの実現に向けた都市間連携によるスマートシティ~コロナ時代の展望~』
  • 日程:2020年12月14日(月)~ 18日(金)連続5日間オンライン開催
  • 時刻:各日14:00〜18:00
  • 会場:オンライン会議ツール「ZOOM」のを使用したウェビナー形式となります
  • 参加費:無料
  • 使用言語:日本語(一部英語)
  • プログラム内容:横浜の資源・技術を活用した公民連携による国際技術協力(Y-PORT事業)、アジア・スマートシティ会議、アジア各国のスマートシティ、Zero Carbon Yokohama、日本の2050年カーボンニュートラル、サーキュラーエコノミー、ウォーカブルシティ 等
    ※プログラム詳細は、横浜市ASCCウェブページに掲載予定です。

参加には事前登録が必要です。参加の申し込みとイベント詳細は第9回アジア・スマートシティ会議 プレイベント/YOKOHAMA WEEK ウェビナー登録のページをご参照ください。

 

【参照ページ】第9回アジア・スマートシティ会議 プレイベント/YOKOHAMA WEEK ウェビナー登録

※本記事は、横浜のサーキュラーエコノミー推進メディアプラットフォーム「Circular Yokohama」からの転載記事となります。

ライター紹介

Circular Yokohamaは、横浜のサーキュラーエコノミー推進メディアプラットフォームです。横浜のサーキュラーエコノミーに関する情報発信・プロジェクト創出・ネットワーキングを通じて地域の課題解決、雇用創出、経済活性化を目指しています。

ニュース一覧へ戻る