ローカルグッドニュース

旭区の地域作業所で、地域で支え合うことについて考える、ローカルグッドカフェ開催

市民が支え合い、地域の課題を発見、解決していくことを目指しているプロジェクト「LOCAL GOOD YOKOHAMA」は、市内各地で地域のひとが集まり、顔をつき合わせながら、その地域の魅力ある活動や地域課題をゆるやかに語り合う「LOCAL GOOD CAFE」を不定期に開催しています。
 
2016年はじめの「LOCAL GOOD CAFE」の会場は、横浜市旭区内、西ひかりが丘商店街に位置する喫茶店『カプカプひかりが丘』。障害がある人のさまざまな「働く」形を模索するための場としてNPO法人カプカプが運営しています。
 
『カプカプひかりが丘』は、木のぬくもりと、そこに集う人たちの手作りの品々が溢れる喫茶店。店の外には地域の人たちが持ち寄った「自分の家ではいらないけれどまだ使える、着られる品」が並び、地域の人たちが店に入ってきて試着、そのままお買い上げしていったり、コーヒーを飲みにきたり。地元の人たちの日常生活の一部になっています。
 
1997年の「地域作業所カプカプ」開所、1998年の喫茶コーナー開始から、18年間、ゆっくりと確実に歩みをつづけ、地域とつながってきたカプカプ。現在、原点や思想を綴った本づくりが進められており、2月5日からクラウドファンディングでの出版費用集めもスタートする予定です。
 
今回は、今までのカプカプの活動を振り返りながら、地域で活動すること、地域で支え合うことについて集まった皆さんで考えます。
 
【概要】
日時:2月5日(金)18:30-20:30
場所:カプカプひかりが丘(横浜市旭区上白根町891-18-4-103)http://kapukapu.org/hikarigaoka/comecome.html
*バスが便利です。相鉄線「鶴ヶ峰」駅の鶴ヶ峰バスターミナル(鶴ヶ峰駅より徒歩数分)より、相鉄バス(旭11)「西ひかりが丘団地」ゆき、もしくは「中山駅」ゆきに乗車。「公団集会場」で下車、すぐ。お時間に余裕をもってお越しください。
会費:ワンドリンク制
ご参加希望の方:facebookページで「参加する」ボタンを押すか、次のアドレスに「ローカルグッドカフェ旭区参加希望」というタイトルでメールをお送りください。localgood@yokohamalab.jp
 
【内容】
・カプカプのこと、ご紹介(地域作業所「カプカプ」所長 鈴木励滋さん)
 カプカプのこと、今までの振り返り、今発信したいこと、これから出版予定の本のこと
・ゆるゆるトーク(鈴木励滋さん、LOCAL GOOD YOKOHAMA宮島さん)
インタビュアー宮島さんから問いを投げかけ、それに返答するかたちでゆるゆるトークを進めていきます。会場の皆さんからも質問や意見をいただきます。
・クラウドファンディングで資金調達に挑戦するプロジェクト「カプカプ本出版プロジェクト」のご紹介(鈴木励滋さん、LOCAL GOOD YOKOHAMA)
 
【お問い合わせ】
NPO法人横浜コミュニティデザイン・ラボ 045-664-9009 localgood@yokohamalab.jp
 
【主催・協力】
主催:LOCAL GOOD YOKOHAMA(NPO法人横浜コミュニティデザイン・ラボ)
協力:NPO法人カプカプ

ライター紹介

「LOCAL GOOD YOKOHAMA」は、 サービス、 モノ、 カネ、 ヒト、 情報の循環をつくっていくことを目指し、インターネット上の場と、インターネットを超えた地域の現場両面から、地域をよくする活動「地域のGOOD=ステキないいコト」に市民、企業が参加するきっかけをつくっていきます。活動に加わり、メンバーとして地域に関わっていくローカルグッドサポーター、プロボノを募集しています。

ニュース一覧へ戻る