ローカルグッドニュース

青葉区で活躍する専門家紹介サイト「まちの専門家」オープン

まちながbizあおば(横浜市青葉区美しが丘1)は、横浜市青葉区を中心に活動する弁護士やファイナンシャルプランナーなど専門家を紹介するサイトを立ち上げました。

まちながbizあおばは、青葉区のたまプラーザ駅近くに2014年3月にオープンした地域密着型の起業支援センターです。運営は、特定非営利活動法人「協同労働協会OICHI」(理事長 坂佐井雅一)。起業を目指す人、既に事業を運営しているものの青葉区に新たな拠点を持ちたい人、もっと地域に根ざしたビジネスを行ないたいと考える起業家やフリーランスを対象に会員を集め、起業家が地域課題を知る勉強会やイベントを開催したり、地域と起業家を結びつけていく場所として会社住所を持てるバーチャルオフィスや貸会議室を提供したりしています。

会員募集を開始した2014年6月から2015年11月までの間に会員は50名を超え、LOCAL GOOD YOKOHAMAクラウドファンディングで資金調達を行った青葉区産の野菜をつかったお土産開発プロジェクト「青葉区発横浜おみやげ  丘のよこはま」など、会員の専門性を生かした地域に密着した取り組みも始まっています。

今回の人材紹介サイト「まちの専門家」は、まちなかbizあおばに登録している会員を紹介しているサイトです。弁護士やファイナンシャルプランナーなどのほか、家事代行やIT・システム業など青葉区で活動するさまざまな職種の専門家が紹介されています。

「まちなかbizあおば」を運営する坂佐井さんは、「地元の為に一生懸命活動している人が いることを知ってもらいたい、見える化したいという思いから、今回のサイトを立ち上げました。今後は、もっとまちの専門家を増やしていき、青葉区で専門家を探す人に対し多岐にわたる分野の専門家を紹介 できるようにしていきたい、青葉区の方々のサイト閲覧を増やしていきたい」と話しています。

サイトはこちらから まちの専門家

 

ライター紹介

「LOCAL GOOD YOKOHAMA」は、 サービス、 モノ、 カネ、 ヒト、 情報の循環をつくっていくことを目指し、インターネット上の場と、インターネットを超えた地域の現場両面から、地域をよくする活動「地域のGOOD=ステキないいコト」に市民、企業が参加するきっかけをつくっていきます。活動に加わり、メンバーとして地域に関わっていくローカルグッドサポーター、プロボノを募集しています。

ニュース一覧へ戻る