ローカルグッドニュース

【レポート】横浜ヴィーガンラーメンプロジェクトのクラウドファンディングが本日最終日!ソーシャル映画祭から考えた若者のクライメート・キャリア。

横浜ヴィーガンラーメンプロジェクトは、横浜市内の大学に通う学生2名が、横浜市内で食の循環やサステナビリティを推進する皆様と共に立ち上げました。

本日クラウドファンディング最終日!

先日haishopで行われた「ソーシャル映画祭」では「0円キッチン」の感想シェア会も行われました。

フードロスをなくすための「0円キッチンの旅」が綴られるロードムービーからはソーシャルビジネスの面白さや、ゲリラ的にホッとさせるクリエイティブ・アクティビズムの可能性も垣間見える素敵な映画でした。船の上にも載せられるモバイルタイニーキッチンなど創造のヒントにも溢れています。

動物倫理やライフスタイルを謳う思想を持った音楽やストリート・カルチャーが入り口だった筆者にとって、「ヴィーガン」という言葉やライフスタイルの垣根、間口を広げる大学生の活動には、環境破壊への関心があるそうで、目から鱗でした。
多くのZ世代の若者たちが「クライメート・ジャスティス」(気候変動)を意識したライフスタイルやアクションを日常生活に取り入れており、さらに長期的に自身のキャリアを通じて取り組む課題として捉えている調査も出ています。
横浜からはじまるヴィーガン推進のムーブメントが、「クライメート・キャリア」としてこれから横浜からどのように展開してゆくか、楽しみかつ、応援したいと思います!
 (写真提供:RCE横浜若者連盟)

◆参考
【ストーリー】横浜市内の学生のアイデアから動き出した地域循環プロジェクト「横浜ヴィーガンラーメンプロジェクト」。サーキュラーエコノミー実現に向けた地産地消の実証実験とも言える新たな試みの背景にある”気づき”とは?

ライター紹介

「LOCAL GOOD YOKOHAMA」は、 サービス、 モノ、 カネ、 ヒト、 情報の循環をつくっていくことを目指し、インターネット上の場と、インターネットを超えた地域の現場両面から、地域をよくする活動「地域のGOOD=ステキないいコト」に市民、企業が参加するきっかけをつくっていきます。活動に加わり、メンバーとして地域に関わっていくローカルグッドサポーター、プロボノを募集しています。

ニュース一覧へ戻る