ローカルグッドニュース

中野信子さんの基調講演!横浜女性ネットワーク会議&ウーマンビジネスフェスタが開催!

働く女性や女性起業家の学びと交流のイベント「横浜女性ネットワーク会議&ウーマンビジネスフェスタ」を令和3年11月28日(日曜日)に開催します。働きたい、働き続けたい女性の活躍を応援するために、働く女性や女性起業家のネットワークづくりを後押しし、新たな一歩を踏み出すためのメッセージを横浜から発信します。


 

◆概要

■開催日時 令和3年 11 月 28 日(日) 13 時~16 時
■開催場所 パシフィコ横浜 会議センター(横浜市西区みなとみらい1-1-1)
■対象 働くことや働き方に御関心のある方(性別は問いません)
■定員 200 名(先着順)※新型コロナウイルス感染症対策のため、定員を半数にして開催します。
■参加費 無料
■内容
基調講演 「自分らしく生きる ~脳科学からのヒント~」 中野 信子 氏(脳科学者)

◆参加申込(事前申込制)

■申込方法
公式サイトの専用フォームからお申込みください。
https://network-wobizfesta.yokohama/
※御来場の際はマスクの着用をお願いします。
※発熱など、風邪の症状が発症した場合、参加を御遠慮ください。
※来場時に検温を行います。37.5 度以上の場合は参加を御遠慮いただきます。
※新型コロナウイルス感染症の拡大状況や荒天・天災等によって、本イベントを中止する場合があります。
■受付開始 9月 13 日(月)9時より ※先着 200 人 定員に達し次第、受付を終了します。

 

◆ゲストプロフィール

■中野 信子 氏について
1975 年、東京都生まれ。脳科学者、医学博士、認知科学者。
1998 年、東京大学工学部応用化学科卒業。
2008 年、東京大学大学院医学系研究科脳神経医学専攻博士課程修了。
フランス国立研究所ニューロスピンに博士研究員として勤務後、2010 年帰国。
脳や心理学をテーマに研究や執筆の活動を精力的に行う。
2015 年より東日本国際大学教授に就任。
著書に『ヒトは「いじめ」をやめられない』(小学館新書、2017 年)、『キレる!』(小学館新書、
2019 年)、『人は、なぜ他人を許せないのか?』(アスコム、2020 年)、『空気を読む脳』(講談社
+α新書、2020 年)など多数。また、テレビ朝日「ワイド!スクランブル」、NHKBSプレミ
アム「英雄たちの選択」など多数の番組において、テレビコメンテーターとしても活躍中。

 


◆分科会(パネルディスカッション)

第1分科会 「今こそ、意思決定層に女性を ~わたしたちの未来をつくるヒント~」(選択制)

パネリスト:

・浜田 敬子 氏(ジャーナリスト、前 Business Insider Japan 統括編集長、元 AERA 編集長)
・井原 徹 氏(日産自動車株式会社 常務執行役員 人事責任者代行、ダイバーシティディベロップメント、組織開発、秘書室担当)
・島 由紀子 氏(京浜急行電鉄株式会社 生活事業創造本部 開発統括部長)
・小田島 真従 氏(株式会社ファンケル ファンケル大学 教育企画部教育企画運営グループ課長)

モデレーター:

小安 美和 氏(株式会社 Will Lab 代表取締役、内閣府男女共同参画連携推進会議 有識者議員)

第2分科会 「私の生きる力 ~時代の変化コロナ禍を乗り越える女性起業家~」(選択制)

パネリスト:

・道村 弥生 氏(株式会社ハグカム 代表取締役)
・康 瑛琴 氏(株式会社 Craftie 代表取締役)
・小島 理恵 氏(株式会社 Q-GARDEN 代表取締役)

モデレーター:

横田 響子 氏(株式会社コラボラボ(女性社長.net 企画運営)代表取締役)

 

◆お問合せ先

取材いただける場合は、令和3年 11 月 25 日(木)17 時までに下記お問合せ先まで御連絡くださ
い。

■イベント全体、取材について:
政策局男女共同参画推進 課 長 倉田 真希 Tel 045-671-3691

■第2分科会について:
経済局経営・創業支援課 長 高柳 友紀 Tel 045-671-2575

■申込み受付に関するお問合せ:

横浜女性ネットワーク会議&ウーマンビジネスフェスタ 受付事務局
公式サイトのお問合せフォームで受け付けます。
お電話でのお問合せ 045-663-7267(10:00~17:00 ※土日祝を除く)

■イベントの内容・企画に関するお問合せ:
政策局男女共同参画推進課
TEL:045-671-2017 E-mail: ss-danjo@city.yokohama.jp

 

ライター紹介

「LOCAL GOOD YOKOHAMA」は、 サービス、 モノ、 カネ、 ヒト、 情報の循環をつくっていくことを目指し、インターネット上の場と、インターネットを超えた地域の現場両面から、地域をよくする活動「地域のGOOD=ステキないいコト」に市民、企業が参加するきっかけをつくっていきます。活動に加わり、メンバーとして地域に関わっていくローカルグッドサポーター、プロボノを募集しています。

ニュース一覧へ戻る