ローカルグッドニュース

認知症普及啓発動画をつくりました!「南区 みなっち もの忘れ川柳~こんなことある!ある?」

高齢者の5人に1人は認知症になる時代と言われています。認知症は早期の発見によって重症化予防を図ることが重要です。南区では、毎年9月21 日の世界アルツハイマーデーにちなんで認知症普及啓発動画を作成しました。この動画をとおして「もの忘れ検診」の受診を促していきます。


 

◆動画について

認知症が身近なものであることをご理解いただけるよう、川柳*を用いて横浜市が実施する「もの忘れ検診」 を紹介しています。動画には 120 秒の本編(音声あり)と 30 秒のダイジェスト版(音声なし)があります。
*(公社)全国有料老人ホーム協会「シルバー川柳」入選作品

◆動画の放映について

◎ 南区ホームページ(120 秒版)
◎ 横浜市公式YouTubeチャンネル(120 秒版)

 


◎ 市営地下鉄(30 秒版)放映期間:令和3年 11 月 15 日(月)~12 月 10 日(金)
◎ 南区役所(30 秒版)

◆もの忘れ検診

認知症の疑いのある人を早期に発見し、早 期の診断と治療につなげることで、認知症の 重症化予防を図ることを目的としています。対象者は、65 歳以上の市民で認知症の診断 を受けていない方です。

申込方法など詳細は、横浜市ホームページ をご確認ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


◆お問合せ先
南区高齢・障害支援課長 石川裕 TEL 045-341-1135

ライター紹介

「LOCAL GOOD YOKOHAMA」は、 サービス、 モノ、 カネ、 ヒト、 情報の循環をつくっていくことを目指し、インターネット上の場と、インターネットを超えた地域の現場両面から、地域をよくする活動「地域のGOOD=ステキないいコト」に市民、企業が参加するきっかけをつくっていきます。活動に加わり、メンバーとして地域に関わっていくローカルグッドサポーター、プロボノを募集しています。

ニュース一覧へ戻る