ローカルグッドニュース

米国のIT企業が初の海外拠点として横浜に進出!シンター・テクノロジー・サービス合同会社

米国のIT企業CINTER(シンター)社が、日本法人を横浜市内に開設し、本格的に活動を開始しました。同社は、企業のテクノロジーに関する課題を解決し、ビジネスの成長を支援する事業を行っています。今回の横浜拠点は、同社初の海外(米国外)拠点となります。CINTER社の日本進出にあたっては、横浜市米州事務所(※)に相談があり、優れたアクセスや産業集積、企業間のネットワークなど横浜のビジネス環境についてプレゼンテーション(PR)を行いました。また、日本法人の設立に際しては、ジェトロ横浜や神奈川県と連携しサポートを行いました。


 

◆シンター・テクノロジー・サービス合同会社の概要
住所:横浜市港北区新横浜三丁目7番地 18
代表者:職務執行者 山口 由美子
業務内容:海外(主に米国)での情報システム構築におけるプロジェクト・マネージメ ントおよびそれらシステムの管理・運用サービス – 主な対象システム: ク ラウド、データ・センター、製造・在庫管理システム等々
設立登記:令和3(2021)年4月 資本金 500 万円
連絡先:メール:jpn-contact@technology.cinter.net URL:https://technology.cinter.net/

◆外国本社の概要
社名:CINTER LLC.
URL:https://cinter.net/
所在地:米国オハイオ州
設立:2013 年
従業員数:約 30 名
事業内容:サービス提携子会社(Cinter Career社 – 人材サービスを提供 Cinter Technology社 – IT/テクノロジーサービスを提供)の経営・管理支援

※横浜市米州事務所について
横浜市が、平成30年11月にアメリカ合衆国ニューヨークに開設した海外事務所で、企業誘致や市内企業のビジネス支援、観光などのプロモーション、大学交流の推進などを行っています。

ライター紹介

「LOCAL GOOD YOKOHAMA」は、 サービス、 モノ、 カネ、 ヒト、 情報の循環をつくっていくことを目指し、インターネット上の場と、インターネットを超えた地域の現場両面から、地域をよくする活動「地域のGOOD=ステキないいコト」に市民、企業が参加するきっかけをつくっていきます。活動に加わり、メンバーとして地域に関わっていくローカルグッドサポーター、プロボノを募集しています。

ニュース一覧へ戻る