ローカルグッドニュース

2014年度泉区外国人意識調査を実施

泉区では、区内在住の日本人と外国人が互いの文化を尊重し、暮らすことができる多文化共生のまちづくりを進めています。こうした中で、今後の多文化共生施策の基礎資料として活用することを目的に、2009年度実施「泉区外国籍区民ニーズ調査」(以下、前回調査)に引き続き、「泉区外国人意識調査」を実施し、このたびこの調査結果が発表されました。

 

主な調査結果として、生活の満足度や困っていることとして、 「日常生活の中で何か困っていること」の第1位は、前回調査と同じ「言葉が通じない」 (30.0%)でした。第2位「特にない」(26.7%)を除くと、前回調査と比較して最もポイン トが伸びたのは「災害時・緊急時の対応」(23.5%:9.5ポイント増)となりました。

また、地域とのつながり では、「やってみたい地域活動」については、「日本に来たばかりの外国人の支援」(25.6%)と回答 する人が多く、「参加したくない」(32.9%)と回答した人は、現在「特に参加していない」(75.8%)と回答した人に対して、3割程度にとどまりました。

そして防災の項目では、前回調査と今回調査の間に東日本大震災が発生し、防災に関する意識の高まりがみられます。災害への備えとして、「食料や飲料水を準備している」(46.9%)と回答したが最も多く、 前回調査より19ポイント増加しました。また「特に何もしていない」(18.8%)と回答した 人は、前回調査「準備をしていない」(30.2%)と比較して11.4ポイント減少しました。

 

調査の概要

・調査対象:700人(区内在住外国人のうち満20歳以上の人)(住民基本台帳からの無作為抽出)

・回収数:277件

・回収率:39.6%

・調査方法::郵送によるアンケート形式

・調査機関:2014年8月~9月

ライター紹介

「LOCAL GOOD YOKOHAMA」は、 サービス、 モノ、 カネ、 ヒト、 情報の循環をつくっていくことを目指し、インターネット上の場と、インターネットを超えた地域の現場両面から、地域をよくする活動「地域のGOOD=ステキないいコト」に市民、企業が参加するきっかけをつくっていきます。活動に加わり、メンバーとして地域に関わっていくローカルグッドサポーター、プロボノを募集しています。

ニュース一覧へ戻る