ローカルグッドニュース

連続セミナー 2050年 温室効果ガス実質排出ゼロを目指して:第2回 【再生可能エネルギー100%は可能か】

問合せ先

横浜市地球温暖化対策推進協議会事務局
ゼロカーボン横浜を達成するためには、再生可能エネルギー100%の達成が重要な課題となってくる。
達成に向けての取り組み、可能性等について、行政・企業・市民がそれぞれの立場から問題提起する


連続セミナー 2050年 温室効果ガス実質排出ゼロを目指して

第2回 【再生可能エネルギー100%は可能か】

開催日時 2021年1月22日(金) 15:30~16:55

 

セミナー概要

会場 横浜市地球温暖化対策推進協議会に申し込みの方に、後日アカウントをお知らせします。
ビデオオフでのご参加をお願いします。
配信環境 Zoom
参加費 無料(事前登録制)
こちらよりご登録下さい  (申込締切 1月22日 14:00)
主催/問合せ先 横浜市地球温暖化対策推進協議会
yokohama@ontaikyo.org
090-1206-6370(協議会事務局長佐藤携帯)
(当事業は横浜市との協定事業として実施します。)
プログラム

 

■横浜市の取組 再エネに関する東北との連携について (15分)
温暖化対策対策統括本部調整課 担当係長 吉田 光氏
■再エネ100%の可能性 (30分)
①再エネを取り巻く状況~来年度の国の補助金の可能性
福原 誉司氏 太陽光発電普及キャンペーンプロジェクト市外リーダー (株式会社looop再エネ事業本部 自家消費事業部 主任)
②企業・大学・自治会館・個人住宅「初期費用実質ゼロ円設置」事業
舟山 大器氏 太陽光発電普及キャンペーンプロジェクト市内リーダー (株式会社横浜環境デザイン 社長室長)
■取組事例紹介
・自宅への太陽光発電パネル設置と電気自動車の蓄電池活用 (10分)
田辺 啓平氏 太陽光発電所ネットワーク神奈川地区リーダー
・関内地域のエコタウン化をめざして (10分)
新村 繭子氏 関内まちづくり振興会理事
・希望が丘高校生からの提案! (10分[5分×2組])
「ワンコインで再エネ実現」
「振動を浸透させよう」
■質疑応答 (10分)

 

プロフィール

吉田 光(よしだ あきら)
温暖化対策対策統括本部調整課担当係長

福原 誉司(ふくはら ようじ)
太陽光業界に営業職として10年以上在籍し、住宅用から産業用まで幅広く実績を積み重ね、現在は、自家消費型太陽光(産業用)の営業として、日々様々な顧客の脱炭素経営に向けた課題解決を実施。
過去には、横浜市と協議会とタッグを組み工場の屋根に初期投資「0円」自家消費型太陽光発電(PPAモデル)の導入を実施。
現在は、株式会社Looopにて、再エネ電力と太陽光(PPA含む)とのセット提案を実施し、トータルでCO2フリーの実現に向け日々取り組んでいる。

舟山 大器(ふなやま たいき)
・横浜市温暖化対策推進協議会:市内事業者プロジェクトリーダー
・株式会社横浜環境デザイン:社長室長
・一般社団法人YOKOHAMAリビングラボサポートオフィス:理事(再エネ部会長)

田辺 啓平(たなべ けいへい)
太陽光発電を普及促進する活動をしています。
・太陽光発電所ネットワーク神奈川地域交流会(PV-Net神奈川)代表
・神奈川県地球温暖化防止活動推進員
・横浜温暖化防止推進員会議 運営委員
・横浜市地球温暖化対策推進協議会 幹事

新村 繭子(しんむら まゆこ)
野毛地区街づくり会を経て、現在、一般社団法人ジャズ喫茶ちぐさ・吉田衛記念館マネージャー。
地域団体では関内まちづくり振興会の理事として活動中。

神奈川県立希望ケ丘高校生徒
SSH授業で協議会が派遣した講師9名の授業を受講。その後数か月データー把握や調べ学習を実施。
それを再エネ提案としてまとめたものを発表予定。

お問い合わせ先

横浜市地球温暖化対策推進協議会事務局
TEL:090-1206-6370(協議会事務局長佐藤携帯)

yokohama@ontaikyo.org

 

日時 2021年1月23日(金) 15:30~16:30
場所 zoom開催
対象 どなたでも
費用 無料
URL http://yokohama.ontaikyo.org/seminar/online_seminer_0122.html?fbclid=IwAR0XQocSwqM49qlwV0cuZUWOo1YhOwpo-2-LMnIygy-wZcMk_a7VPriUoJg
開催団体 横浜市地球温暖化対策推進協議会
お申し込み・お問い合わせ 横浜市地球温暖化対策推進協議会
090-1206-6370(協議会事務局長佐藤携帯)
お申し込み・お問い合わせURL yokohama@ontaikyo.org
ニュース一覧へ戻る