ローカルグッドニュース

1/17 「YOUTH 気候変動政策コンペティション」オンライン開催 〜横浜国大チームも登壇〜

横浜市は、外務省と共催で、以下のとおり気候変動に関する国際会議「YOUTH 気候変動政策コンペティション」を市庁舎にて開催予定でしたが、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、オンラインでの開催に変更となりました。

会議では、事前審査を通過した学生による気候変動政策に関するプレゼンテーションのほか、都市の温室効果ガス推定排出量や削減予測量を地図上で可視化するツールEnvironmental Insights Explorer(EIE)を活用した取組に関する講演等も予定されています。事前申込み制で傍聴が可能ですので、ご関心のある方のお申し込みをお待ちしています。

<会議概要>
会 議 名: 「YOUTH 気候変動政策コンペティション」
日 時: 2021年1月 17 日(日)14 時~18 時
開催方法 オンライン

内容:参加学生による気候変動政策に関するプレゼンテーション
EIEの紹介(グーグル)、EIEを活用した取組に関する講演(横浜市)等

テーマ:「脱炭素社会の実現に向けたあなたのまちの施策」

<プログラム(予定)>
当日スケジュール:
14時00分
・開会式:開会挨拶(外務省)、横浜市挨拶、UNFCCC事務局長メッセージ(いずれもビデオメッセージ)
14時15分
・事前審査を通過した学生のプレゼンテーション
16時05分
・休憩
17時10分
・講演:EIEについて(グーグル合同会社)、EIEを活用した取組について(横浜市)
17時45分
・結果発表、閉会式

学生の所属及びプレゼンテーション概要:
・広島大学 家具や家電をリユースすることによる温室効果ガスの削減(東広島市)
・中央大学 再生可能エネルギー利用の大規模発電プラント設置と利用促進ポイント制度(帯広市)
・横浜国立大学 電気自動車を蓄電池とする省エネ戸建て住宅の普及(横浜市)
・中央大学 図書館に昼間人口を集約することによる家庭内電力消費の抑制(さいたま市)
・山梨県立大学 地域文化を活用したパートナーシップ・バウチャー制度(山梨県)
・Bruna 壁面緑化によるアートコンペティションの開催(東京都)

 発表者は持ち時間1組10分以内でパワーポイントを使用してプレゼンを行います。
 1組のプレゼン終了ごとに、発表者に対し審査員による5分間の質疑応答を行います。

★一般傍聴を希望する方は1月14日(木曜日)までに、メールにて、ご所属(所属団体のない方は「なし」と記載ください)、氏名、住所、電話番号を本文に記載の上、コンペティション事務局(competition2020@jfir.or.jp)までお申し込みください。

※事前申し込みにより傍聴が可能です。
※外務省ホームページよりお申し込みをお願いします。

問い合わせ:YOUTH気候変動政策コンペティション事務局(公益財団法人日本国際フォーラム 担当:武田)
メールアドレス:competition2020@jfir.or.jp
TEL:03―3584-2193

ライター紹介

「LOCAL GOOD YOKOHAMA」は、 サービス、 モノ、 カネ、 ヒト、 情報の循環をつくっていくことを目指し、インターネット上の場と、インターネットを超えた地域の現場両面から、地域をよくする活動「地域のGOOD=ステキないいコト」に市民、企業が参加するきっかけをつくっていきます。活動に加わり、メンバーとして地域に関わっていくローカルグッドサポーター、プロボノを募集しています。

ニュース一覧へ戻る