ローカルグッドニュース

横浜市がトゥルク市(フィンランド)、イクレイとの連携により気候変動に関心を持つ若者の動画を募集!

横浜市は、2050年までの温室効果ガス実質排出ゼロ(脱炭素化)を目指す「Zero Carbon Yokohama」の実現に向け、様々な取組を進めています。取組の一つとして、イクレイ※1が進める「1.5℃ライフ※2共同キャンペーン」の一環である「若者を対象とした動画コンペティション」を、イクレイ加盟都市であるフィンランド・トゥルク市と連携して実施しており、現在、動画を募集しています。

なお、本事業は、特定非営利活動法人横浜コミュニティデザイン・ラボ※3、RCE横浜若者連盟※4、横浜市の三者で同キャンペーンのプロモーションに関する協定書を締結し、協働で実施しています。

 

応募条件

(1)対象者
横浜市在住、在勤、通学または横浜市内の団体で活動している18歳以上29歳以下の方。グループでの応募も可能。

(2)テーマ
地球温暖化対策に対する取組や考えていること、アクションを起こしていること。 ※歌やダンス等、ジャンルは指定なし

(3)選定方法
応募作品は、トゥルク市から応募があった動画とともに、トゥルク市が開設するソーシャルメディアにアップされ、ウェブ上での投票によって優秀作品が決定します。最優秀動画はフィンランドと日本でそれぞれ表彰されます。

(4)応募締切
令和3年1月15日(金)

(5)詳細
応募方法やその他の応募に関する注意事項等については、以下URLをご参照ください。

(「LOCAL GOOD YOKOHAMA」ホームページ内)http://yokohama.localgood.jp/news/35305/

 

<若者へのメッセージ>

若者の視点から地球温暖化対策について考えていることや、起こしているアクション、周りの仲間と共有したい考えやライフスタイルなど、3分間の動画にして世界に発信してください。

「未来の地球環境に対して自分たちでなにができるか」という思いを表現した動画作品をお待ちしています!

 

※1 「イクレイ(ICLEI)-持続可能な都市と地域をめざす自治体協議会」

本市が加盟する、持続可能な社会の実現を目指す1,750以上の自治体で構成された国際ネットワーク

※2  1.5℃ライフスタイル

第 21回気候変動枠組条約締約国会議 (COP21)で採択された地球温暖化対策の国際ルール「パリ協定」に基づく脱炭素型ライフスタイル

※3  特定非営利活動法人横浜コミュニティデザイン・ラボ

世界の港町「横浜」を目指し、面白く、楽し いまちづくりを実践型で研究する非営利のラボ(研究機関)

※4  RCE 横浜若者連盟

環境、経済、教育、持続可能な開発等に興味をもった若者が、企業、行政、NGO 等と協働していく組織

ニュース一覧へ戻る