ローカルグッドニュース

横浜市が「官民データ活用推進計画 令和元年度 取組状況」取りまとめを公開

横浜市では、官民データ活用の推進に関する施策を総合的かつ効果的に推進することを目的に、横浜市官民データ活用推進計画を平成 30 年5月に策定しました。

この推進計画に基づく取組の内容や進捗を把握し、今後の着実な計画推進につなげるため、令和元年度の取組状況を取りまとめ、11月 24 日にリリースしました。

「令和元年度 取組状況」の構成
横浜市官民データ活用推進計画に掲げる 9 つの施策ごとに、以下の項目について記載しています。
・基本的方向
・評価指標とその指標に対する令和元年度における進捗など
・令和元年度の主な実績
・関連する国の動き
・令和元年度の実績を踏まえた今後の取組の考え方

令和元年度における取組の進捗状況
令和元年度は、本計画に掲げる9つの施策に基づく取組の評価指標に関する取組において、前年度には国の方針等が示されていない等により未着手であったものについても、具体的な検討を開始しました。
これにより、全ての指標に関する取組が進められました。中でも、産学官金の連携によるプロジェクト等の創出や市職員向けのデータ活用研修などの取組において、昨年度に比べ指標値が大きく伸びました。

 

この記事に関してお問い合わせ

政策局政策部政策課

電話:045-671-2028 ファクス:045-663-1225

メールアドレス:ss-ssc@city.yokohama.jp

ライター紹介

「LOCAL GOOD YOKOHAMA」は、 サービス、 モノ、 カネ、 ヒト、 情報の循環をつくっていくことを目指し、インターネット上の場と、インターネットを超えた地域の現場両面から、地域をよくする活動「地域のGOOD=ステキないいコト」に市民、企業が参加するきっかけをつくっていきます。活動に加わり、メンバーとして地域に関わっていくローカルグッドサポーター、プロボノを募集しています。

ニュース一覧へ戻る