ローカルグッドニュース

パタゴニア 気候のための行動を学ぶ「クライメート・アクティビズム・スクール」開催

アウトドア企業のパタゴニア・インターナショナル・インク日本支社(横浜市)は、気候変動をはじめ環境や地域のテーマに関心を持っている全国の高校生・大学生を対象とする「クライメート・アクティビズム・スクール」を12月26日、27日(土、日)に開催します。

スクールでは、オンラインによる座学と対話で学び、その後2021年3月にフィールドワークやアウトドア・アクティビティを実施します。これまでの経済や社会システムによって生まれている気候変動や生態系の喪失をはじめとする環境問題という現実に目を向けながらも、未来を思い描き、それぞれのテーマにおけるステークホルダーと協働し、社会の担い手として創造性をもって実践に移せるようにします。

今回のプログラムは、パタゴニアが長年続けている環境保全活動を成功に導く「草の根活動家のためのツール会議」の一部です。「草の根活動家のためのツール会議」は、1994年から環境保護グループに単に資金提供する以上の支援を行いたいという想いから始まりました。2008年からは日本でも2年ごとに開催され、環境保全活動を成功に導くスキルを磨くために1500人以上の活動家が参加しています。

スクールは、「気になっている環境問題やテーマがある」「仲間とつながり、行動してみたい」といった想いを持った15歳から24歳が対象。参加費用は無料。募集人数は100人で、応募者多数の場合は選考になります。

申し込みはこちらから(締め切り11月8日(日))

 

【クライメート・アクティビズム・スクール概要】

開催日時:12月26日(土)、27日(日)10:00~18:00

対象:全国の15歳から24歳

開催方法:オンライン(3月にフィールドワークを予定)

ライター紹介

ニュース一覧へ戻る