ローカルグッドニュース

I・TOP横浜ラボ「コロナ禍における商店街の活性化支援」の提案を公募

 横浜市では、商店街の活性化や効率的な店舗運営を実現するための新たなIoT製 品・IoTサービスの提案を募集しています。

 本募集は、IoTの試験的な導入を希望する横浜市内の商店街と、実証実験の実施を希望する企業等のマッチングを広く支援する取り組みです。

 IoTを用いた実験とサポートを行う「I・TOP横浜ラボ」の取組みの一環とし、新型コロナウイルスの流行により影響を受けている商店を対象に事業者と利用者のどちらもを支援しようという試みから始まりました。横浜市経済局産業連携推進課担当課長の石津雄一郎さんは「IoT導入により商店街に元気になってほしい」と話します。

 随時採択提案の公開、商店街からのマッチング希望受付を行っており、採択後は商店街をフィールドとした実証実験が今年度中に実施されます。募集期間は2021年1月29日(金)17:00 まで。

▷ 問い合わせ先

I・TOP横浜 プロジェクト創出事務局
(事務局運営機関:三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社)
TEL: 03-6228-1066 (月~金(祝祭日除く) 午前9:00~午後17:00)
E-mail: proposal-itop@murc.jp

▷ 横浜市ウェブサイト

I・TOP横浜ラボ「コロナ禍における商店街の活性化支援」に関するプロジェクト創出

https://www.city.yokohama.lg.jp/business/keizai/iot/itop/itoplab3.html

 

ライター紹介

facebook twitter
ニュース一覧へ戻る