ローカルグッドニュース

11月19日 データビジュアライゼーションワークショップ開催

今、横浜市は転換期を迎えています。
少子高齢化が急速に進み、若い世代が多くの高齢者を支えざるを得ない社会になりつつあります。また、生活に欠かせない道路や下水道などのインフラの老朽化や大規模住宅団地の再生なども大きな課題となっています。
一方で、福祉や環境、文化、まちづくりなどの市民活動が活発に展開され、また独自の技術やシステムによって新しいビジネスにチャレンジする企業も数多く存在しています。そして横浜には、都心部の海や港、郊外に残された緑や農空間など、都市として魅力的な資産が豊富にあります
横浜市では、このような都市の課題や魅力を可視化し、あらゆる方々と共有したうえで、市民や企業の知恵や力を結集して横浜の未来を切り拓いていくため、「横浜市中期4か年計画 2014~2017」素案を作成しました。そこで、この中期4か年計画素案を題材に、若い世代に呼びかけ、横浜の未来を創るアイデアを出し合い、実行に移していくためのプログラムを実施します。今回は、横浜市中期計画に掲載されているデータなどを使って、横浜の現状や地域の課題などを見る人に伝わりやすく「視える化」(データビジュアライゼーション)を行うワークショップを開催します。【概要】
データビジュアライゼーションワークショップ(データビジュアライズソンvol.2)
日時:11月19日(水) 17:30~20:30
場所:東京都市大学横浜キャンパス 3号棟4階グループワークルーム(横浜市都筑区牛久保西3-3-1 )
対象:データビジュアライゼーション、公共データの視覚化に関心がある全ての方
参加費:無料
申込:こちらのページで参加するボタンを押していただくか、localgood@yokohamalab.jp宛に「11/19ワークショップ参加希望」と記載してお申し込みください。

【内容】
・東京都市大学 小池情報デザイン研究室に所属する学生さんなどデータビジュアライズを学ぶ学生さんから彼らが制作したデータやポイントなどをプレゼンいただきます。
・その後、学生さんの制作物をもとにどのように見せるのがよりわかりやすいか、データ分析の観点からどこにフォーカスしたらよいかなど、チームにわかれてはなしあいます。

【主催、共催、協力】
主催:横浜オープンデータソリューション発展委員会
共催:LOCAL GOOD YOKOHAMA(NPO法人 横浜コミュニティデザイン・ラボ)
協力:東京都市大学 小池情報デザイン研究室、横浜市政策局 政策支援センター

※横浜市中期4か年計画(素案)とは?
横浜市では、平成18年6月に横浜の20年を展望した市政の根本となる指針として、「横浜市基本構想」(長期ビジョン)を策定しました。中期4か年計画は、横浜市の掲げる基本構想を、目指すべき都市像に具現化することを目的とした中期計画です。
http://www.city.yokohama.lg.jp/seisaku/seisaku/newplan/

※中期4か年計画(素案)をオープンデータとして公開します(横浜市記者発表資料)
横浜市では、行政が保有する公的情報を、誰もが自由に使えて、再利用・再配布が可能な形で提供するオープンデータの推進に全国に先駆けて取り組んでいます。
8月末に素案を公表した「横浜市中期4か年計画2014~2017」は、12月ごろの原案の策定を目指していますが、この計画の内容を踏まえ、引き続き横浜の未来について市民の皆様と行政とが議論を深めていくことができるよう、素案の全内容をオープンデータ化して公開します
http://www.city.yokohama.jp/ne/news/press/201410/20141003-037-19759.html

 

ライター紹介

「LOCAL GOOD YOKOHAMA」は、 サービス、 モノ、 カネ、 ヒト、 情報の循環をつくっていくことを目指し、インターネット上の場と、インターネットを超えた地域の現場両面から、地域をよくする活動「地域のGOOD=ステキないいコト」に市民、企業が参加するきっかけをつくっていきます。活動に加わり、メンバーとして地域に関わっていくローカルグッドサポーター、プロボノを募集しています。

ニュース一覧へ戻る