ローカルグッドニュース

6/2横浜開港記念日に市内47の有料施設を無料開放、ワークライフバランスについて考える

横浜市は、市民にワークライフバランスについて考えてもらうきっかけとして、6月2日の開港記念日に、市内の47有料施設無料開放を実施します。

横浜市ではこの機会に、家族や大切な人と過ごしたり、仕事以外の時間の過ごし方を見直したりするなど、ライフスタイルについて考えることをを呼びかけています。

・施設の無料開放について<6月2日(日)>

市内の小中学生と高校生を主な対象として、ズーラシアや三溪園、海釣り公園など市内47の有料施設が無料開放されます。

  • 小中学生以下が無料となる施設
    • 動物園
      • 金沢動物園、よこはま動物園ズーラシア
    • 文化
      • 横浜市電保存館
    • スポーツ
      • プール※1(旭・栄・港南・清水ヶ丘公園・都筑・保土ケ谷)、リネツ保土ケ谷※2(子どもプール)、横浜銀行アイスアリーナ※3(滑走料)、港北・保土ケ谷スポーツセンター(個人利用・トレーニング室)
  • 高校生以下が無料となる施設
    • 文化
      • 三渓園、日本有線氷川丸、日本郵船歴史博物館、横浜人形の家※4(入館料)、はまぎん こども宇宙科学館(入館料)、帆船日本丸、横浜みなと博物館、三菱みなとみらい技術館
    • スポーツ
      • 青葉・旭・泉・磯子・神奈川・金沢・港南・栄・瀬谷・都筑・鶴見・戸塚・中・西・緑・南スポーツセンター(個人利用・トレーニング室)
    • 展望
      • 横浜ランドマークタワー展望フロア※5
  • 大学生以下が無料となる施設
    • 文化
      • シルク博物館、山手資料館
  • 来館者全員が無料となる施設
    • 文化
      • 横浜開港資料館、横浜都市発展記念館、横浜ユーラシア文化館、横浜市歴史博物館、横浜美術館
    • 海づり
      • 海づり施設(本牧・大黒・磯子)

●無料で利用できる内容や条件(証明の提示等)は、各施設によって異なります

※1小学校入学前のお子様は保護者の付き添いが必要です。オムツがとれていないお子様は入れません。

※2子どもプール利用のみ無料。浴場利用は通常料金が必要です。 ※3滑走料のみ無料。貸し靴は別途料金が必要です。

※4企画展は別途料金が必要です。 ※5大人は500円引きで入場できます。(通常1,000円)

無料開放施設などの詳細は、横浜市作成のチラシに掲載されています(こちらをクリック)

ワーク・ライフ・バランス(仕事と生活の調和)とは、仕事と、仕事以外のの生活を大切にするライフスタイルのこと。豊かな生活は質の高い仕事につながり、メリハリのある働き方は生活のゆとりにつながるなど、両方充実させることでお互いに良い影響を与えます。

開港記念日をきっかけにワーク・ライフ・バランスについて考えてみませんか?

 

 

※横浜市こども青少年局企画調整課 平成31年4月26日 記者発表資料
開港記念日に「ワーク・ライフ・バランス」を実践!市民利用施設を無料開放より
https://www.city.yokohama.lg.jp/city-info/koho-kocho/press/kodomo/2019/0426kaikoukinen.html

ライター紹介

「LOCAL GOOD YOKOHAMA」は、 サービス、 モノ、 カネ、 ヒト、 情報の循環をつくっていくことを目指し、インターネット上の場と、インターネットを超えた地域の現場両面から、地域をよくする活動「地域のGOOD=ステキないいコト」に市民、企業が参加するきっかけをつくっていきます。活動に加わり、メンバーとして地域に関わっていくローカルグッドサポーター、プロボノを募集しています。

ニュース一覧へ戻る