ローカルグッドニュース

西区在住の小学生を対象に「アフリカ学校」を開講 〜アフリカの文化を学ぶ講座・参加者募集中〜

横浜市は、2019年に行われる「第7回アフリカ開発会議(TICAD 7)」の開催地となることが決まっています。
これを機に横浜とアフリカ各国との連携を強化させようと、同会議の開催に向けて様々なイベントが予定されています。
今回はその一環として、横浜市西区に在住する小学生を対象に「アフリカ学校」を開講、参加者を募集しています。
主にアフリカと日本の子供たち向けの活動を行っている「NPO法人アフリカヘリテイジコミティー」協力の下、ガーナ出身のトニーさんが先生となり、アフリカの衣装、料理、音楽などを楽しく学び、体験することができます。

 △ アフリカのおはなし △ アフリカ3R夢クッキング △ アフリカの太鼓体験

 

日時 第1回 7月22日(日) 10時~14時30分 藤棚地区センター 定員12組24名(保護者同伴)
第2回 8月19日(日) 10時~14時30分 みなとみらい本町小学校 定員18組36名(保護者同伴)
対象 西区在住の小学生
参加費 1組700円(給食付き)
申込方法  (1)参加希望の日時 (2)お子様のお名前 (3)学年 (4)保護者のお名前 (5)住所 (6)電話番号
 上記事項を添えて、電話、FAX、インターネット(「西区アフリカ学校」で検索)でお申し込みください。7月12日(木)締切。
横浜市西区地域振興課 TEL:045-320-8386 FAX:045-322-5063
 【主催】西区役所 【協力】NPO法人アフリカヘリテイジコミティー

※両日ともに同じ内容です。
※応募者多数の場合は抽選となり、当選者のみ7月17日(火)までに郵送で連絡されます。 

<アフリカ開発会議(TICAD)とは?>

Tokyo International Conference on African Developmentの略。アフリカの開発をテーマとする国際会議。冷戦終結後、先進国のアフリカ諸国に対する関心が低下する中、その重要性を説いてきた日本政府が主導となり、これまでに1993年の第1回から2016年の第6回と開催されてきました。このうち、第4回と第5回は横浜で行われています。
アフリカ諸国だけでなく、開発に携わる国際機関、パートナー諸国、アジア諸国、民間企業、市民社会も一緒に参加することで広く知恵と努力を結集し、アフリカの「質の高い成長」と「人間の安全保障」(「アフリカの一人ひとりの能力強化」)を目指し、議論を行っています。

ライター紹介

神奈川区鶴屋町に生まれ育つこと40年。ある時は会社経営者、ある時はさくらWORKS<関内>受付スタッフ、平時は忍者。趣味は、走ること、泳ぐこと、飛ぶこと。

facebook twitter
ニュース一覧へ戻る