ローカルグッドニュース

横浜市が「SDGs未来都市」と「自治体SDGsモデル事業」に選定

 横浜市が、内閣府地方創生推進室が全国の自治体を対象に募集していた「SDGs未来都市」と「自治体SDGsモデル事業」に選定されました。

 SDGsとは、2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの国際目標で、17のゴール、169のターゲットからなるSDGs(Sustainable Development Goals: 持続可能な開発目標)が定められました。

 政府による「SDGs未来都市」「自治体SDGsモデル事業」は、SDGsの達成に向けた取組の推進のため、自治体によるSDGsの達成に向けた取組を公募し、優れた提案の都市を「SDGs未来都市」(29都市)として、特に先導的な取組を「自治体SDGsモデル事業」(10事業)として選定し、資金的に支援するものです。

 横浜市の提案は、SDGs未来都市が目指す横浜のビジョンを「環境を軸に、経済や文化芸術による新たな価値を創出し続ける都市の実現」としています。

1 横浜市の提案概要
(1)SDGs未来都市が目指す横浜の像(ビジョン)
現在策定中の「中期4か年計画(2018~2021)」、「地球温暖化対策実行計画」の両計画が掲げる都市の将来像と連動
⇒「環境を軸に、経済や文化芸術による新たな価値を創出し続ける都市の実現」

(2)ビジョンを実現させるための取組(自治体SDGsモデル事業)
⇒“連携”による横浜型『大都市モデル』創出事業※1
①「中期4か年計画(2018~2021)」、「地球温暖化対策実行計画」の中から、SDGsの17目標の視点を踏まえ、環境を軸とした経済・社会課題の同時解決性が高い取組を抽出
②抽出した6つの取組をはじめ、環境・経済・社会各分野での取組相互の連携を図り、価値を高め、都市のプレゼンス向上につながる仕組みとして「SDGsデザインセンター(仮称)」を創設

※1:“連携”による横浜型『大都市モデル』創出事業」

 ビジョン実現のため「自治体SDGsモデル事業(“連携”による横浜型『大都市モデル』創出事業)」を実施し、成長と活力を生み出す都心部の実現や、豊かな自然環境と暮らしが共存する都市づくり、「住みたい」「住み続けたい」と思える郊外部の実現、未来を創る多様な人づくりなどの、環境・経済・社会各分野の取組の相互連携を図り、価値を高め、都市のプレゼンス向上につながる仕組みとして「SDGsデザインセンター(仮称)」を公民連携により創設するとしています。

 6月15日に総理大臣官邸で行われた「SDGs未来都市」選定証授与式には、林市長が出席しました。

 林文子横浜市長は「『SDGs未来都市』及び『自治体SDGsモデル事業』に選定され、今後の取組への意気込みを新たにしています。SDGs達成に貢献するため、しっかりとリーダーシップを発揮していく決意です。選定にあたっては、これまで横浜市が『環境未来都市』として生み出した先進的な成果や、市民・企業・大学など関係者の皆様と培ってきた”連携”を発展させ、更なる成果につなげるビジョンを評価いただいたものと思います。本格的なスタートに向け、国と連携し、またオール横浜で取り組み、その成果を内外の都市と共有することで、SDGs未来都市・横浜を実現現してまいります」とコメントしています。

 選定された29の自治体に選定証が授与された。選定団体は、北海道、北海道札幌市、北海道ニセコ町、北海道下川町、宮城県東松島市、秋田県仙北市、山形県飯豊町、茨城県つくば市、神奈川県、神奈川県横浜市、神奈川県鎌倉市、富山県富山市、石川県珠洲市、石川県白山市、長野県、静岡県静岡市、静岡県浜松市、愛知県豊田市、三重県志摩市、大阪府堺市、奈良県十津川村、岡山県岡山市、岡山県真庭市、広島県、山口県宇部市、徳島県上勝町、福岡県北九州市、長崎県壱岐市、熊本県小国町。

ライター紹介

「LOCAL GOOD YOKOHAMA」は、 サービス、 モノ、 カネ、 ヒト、 情報の循環をつくっていくことを目指し、インターネット上の場と、インターネットを超えた地域の現場両面から、地域をよくする活動「地域のGOOD=ステキないいコト」に市民、企業が参加するきっかけをつくっていきます。活動に加わり、メンバーとして地域に関わっていくローカルグッドサポーター、プロボノを募集しています。

ニュース一覧へ戻る