ローカルグッドニュース

10/31 情文ホールでフォーラム「これからのデータ活用を考える」開催

横浜市は10月31日(火)15時から、横浜市情報文化センター(中区日本大通11)6階「情文ホール」で、フォーラム「これからのデータ活用を考える」を開催します。

横浜市は平成29年3月に全国の市町村で初めて「官民データ活用推進基本条例」を制定し、4月にオープンイノベーション推進本部を設置しました。今回は、横浜市の地域課題の解決と市内経済の活性化を目指して、市の官民データ活用に係る取組と現状を共有し、条例を踏まえた市計画の策定に向けて、「産・学・官」による意見交換を行う場として開催されます。

内閣官房情報通信技術(IT)総合戦略室 内閣参事官の柴﨑哲也氏の講演と、田居夏生氏(NTTドコモイノベーション統括部)、笠原一氏(ジェネクスト)、杉浦裕樹氏(横浜コミュニティデザイン・ラボ)、岩崎学氏(横浜市立大学データサイエンス推進センター)、小澤孝洋氏(IT総合戦略室)によるパネルディスカッション、横浜市の取組紹介などが行われます。

オープンイノベーション推進本部は、条例に基づく「横浜市官民データ活用推進計画」の策定や、企業等との先進的・重要な取組の推進等を通じ、客観的なデータを踏まえた政策展開や、公民連携の推進を担当しています。



平成29年10月31日(火)

15時00分~17時00分(※14時30分開場)
【会場】情文ホール
 (横浜市情報文化センター6F 横浜市中区日本大通11番地)
【プログラム】
 ・基調講演
 ・横浜市の取組紹介
 ・パネルディスカッション 「産・学・官 データで拓く横浜の未来」
<パネリスト紹介>
・田居 夏生氏(株式会社NTTドコモイノベーション統括部 企業連携担当部長)
「チャットボットを活用したごみ分別案内」:「イーオのごみ分別案内」(資源循環局との共同実証実験)

・笠原 一氏(ジェネクスト株式会社 代表取締役)
「ドライブレコーダ映像の解析による交通安全対策」:(道路局との共同事業)

・杉浦 裕樹氏(NPO法人横浜コミュニティデザイン・ラボ 代表理事)
「民間の立場からデータの活用を発信」:民主体のデータ活用に関する活動

・岩崎 学氏(横浜市立大学データサイエンス推進センター センター長)
「データサイエンス学部の新設と人材育成」:データサイエンス学部の設置、行政、民間と連携したデータサイエンス人材の育成

・内閣官房情報通信技術(IT)総合戦略室 参事補佐官
小澤 孝洋氏

【定員】 200名 ※申込先着順 ・定員に満たない場合は当日参加も可能です
【申込み】 平成29 年10 月11 日(水)から10 月29 日(日)まで
申込み・問合せはこちらから


また、当日は、フォーラム「これからのデータ活用を考える」@情文ホール(13時~15時)終了後に、同会場で17時45分から「Yokohama YOUTH Ups!2017-2018キックオフ – 公民の多様なつながりで創る横浜のオープンイノベーション」が開催されます。

総務省関東総合通信局の関 啓一郎局長の講演、横浜市大・横浜国大・横浜商科大・東大・情報科学専門学校などの取り組み紹介、「リビングラボの可能性」をテーマとする話題提供と企業の活動紹介、「リンクデータ」「チャレンジ!!オープンガバナンス 2017(COG2017)」「アーバンデータチャレンジ2017」「LODチャレンジ2017」の紹介などが行われます。
主催:横浜オープンデータソリューション発展委員会、横浜市
参加費:無料
http://yokohamaopendata.jp/2017/10/24/yokohama-youth-ups2017-2018/
https://www.facebook.com/events/1939400136076158/


 

ライター紹介

「LOCAL GOOD YOKOHAMA」は、 サービス、 モノ、 カネ、 ヒト、 情報の循環をつくっていくことを目指し、インターネット上の場と、インターネットを超えた地域の現場両面から、地域をよくする活動「地域のGOOD=ステキないいコト」に市民、企業が参加するきっかけをつくっていきます。活動に加わり、メンバーとして地域に関わっていくローカルグッドサポーター、プロボノを募集しています。

ニュース一覧へ戻る