ローカルグッドニュース

横浜市が「金沢臨海部産業団地」の「あたらしい名前」投票を実施中 11の候補から

横浜市では、金沢臨海部の産業活性化をめざす「金沢臨海部産業活性化プラン」の実現に向けた具体的な事業の一つとして平成29年度にすすめてきた「金沢臨海部産業団地のあたらしい名前の決定」に向け、名前の案に対する投票をおこなっています。

金沢区鳥浜町から福浦にかけて、中小を中心に1,000社を超える企業が集まる「金沢臨海部産業団地」の存在をより広く知ってもらい、さらに成長を続けていくため、同団地に新しい名称がつけられることになりました。

同団地の企業などで働く社員・職員らがディスカッションを重ね、地域で募集した新名称案を絞り込んだ結果、現在11件が最終候補として残っています。

それらの新名称について、9月28日~10月20日の間、インターネット投票が行われています。投票の結果、上位5案程度の中から、地域で話し合って新名称を決定し、年度内をめどに公表される予定です。

横浜市では、新しい名前が決定次第、それを活用した積極的なPRを行い、より豊かな人材が集まるきっかけを作って、同地域の企業がさらに成長を遂げられることを目指していくとのことです。

名称案として11の候補があります。

名前の候補 名前の意味・こめた想い
LINKAS LINK + 明日 Link:つながる 結びつく 連係 絆 環・・・
iTAP金沢 人(People)・産業(Industry)が集まる(assemble)町(town)
RINKAI 造語や意味の掴みづらい外来語ではなく、元よりある名称をアルファベット表記とすることで馴染みやすく、且つ新たな気持ちで地域に愛着を持てるように
語呂も良く、口にした時の語感や耳にした時のリズムや響きが良い言葉
LINKAI 上記に同じ+「LINK(つながり)」の要素をプラス
IGC 産業(industry)、緑(green)、海岸(coast)の頭文字
BIC横浜 おぼえやすい  BIGを連想
横浜シーサイド 海と緑の豊かな環境が続くように
シーサイドファクトリーズ 海沿いの産業地帯であることから
テクノピア横浜金沢 技術・実力のある多くの企業が集まり、職・住環境も良い理想郷である
よこはまOceanfront 工業的なイメージだけでなく、岸壁では釣りも出来たり、商業施設や公園も多数あり、海と企業と人が共存している
横浜ベイエリアワークス 働く場所としての地域を表現

地域の産業団体である「横浜金沢産業連絡協議会」「金沢団地協同組合」の会員企業等から選出された14名の委員で構成されている「ブランディング検討委員会」が11案を決めました。

同委員会の業種構成は、製造業7人(50%)、運輸・倉庫業1人(6.6%)、小売業1人(6.6%)、労働者派遣業1人(6.6%)、物品賃貸業1人(6.6%)、その他3人(20.4%)となっています。 ブランディング検討委員会はすでに3回開催し、地域の強みは「多くの中小企業の集中」、「環境の良さ」(アクセスの良さ、敷地にゆとりがある、海や緑地帯などに囲まれている)、「「横浜・金沢」という立地そのもの」であるとし、それに基づき地域の名前案(11案)の確定を行いました。

投票は、次のURLからどなたでもできます。
・PCの方はコチラ
・スマートフォンの方はコチラ
・携帯電話(フィーチャーフォン)の方はコチラ

抽選で素敵なプレゼントが贈られるとのことです。投票の詳細については以下URLに記載されています。
http://www.city.yokohama.lg.jp/keizai/shien/seizou/kogyodantai/touhyou.html

 

 

ライター紹介

facebook twitter
ニュース一覧へ戻る