ローカルグッドニュース

センター北の古民家で七夕まつり

大塚・歳勝土遺跡公園(横浜市都筑区大棚西2)内「都筑民家園」(TEL 045-594-1723)で現在、七夕まつりが開催されている。

 江戸時代中期の古民家を移築復元した同園。横浜市民の文化交流の場として、季節ごとに伝承文化や年中行事にちなんだイベントを開催してきた。

 毎年七夕の季節には、園内主屋の軒先などに手作りの七夕飾りや短冊をつるす七夕まつりを開催。今年も。7月8日までの期間中は、短冊とペンが用意されており、見学者であれば誰でも願い事を書くことができる。

 5日には親子で参加できる七夕飾りの折り紙講座(10時~12時、参加費=100円、要予約)を予定。5日・6日の両日は、園内の茶室「輪亭」で「お茶室カフェ」と題して、抹茶やコーヒー、紅茶、スムージーなどを提供する(10時~16時、飲み物300円~)。

 都筑民家園管理運営委員会事務局長の岡本みどりさんは「小さな子どもに季節行事を体感させようという親御さんもいらっしゃる。願い事を毎年見ているとその年によって世相も反映されていておもしろい。昔ながらの古民家で日本の夏の訪れを感じていただけたら」と話す。

 開催時間は9時~17時。7月8日まで。

ライター紹介

「LOCAL GOOD YOKOHAMA」は、 サービス、 モノ、 カネ、 ヒト、 情報の循環をつくっていくことを目指し、インターネット上の場と、インターネットを超えた地域の現場両面から、地域をよくする活動「地域のGOOD=ステキないいコト」に市民、企業が参加するきっかけをつくっていきます。活動に加わり、メンバーとして地域に関わっていくローカルグッドサポーター、プロボノを募集しています。

ニュース一覧へ戻る