ローカルグッドニュース

ローカルグッドニュース

一般社団法人ヨコハマプロジェクトが山下公園で「バディウォーク in ヨコハマ」 ダウン症を理解・受容し、共に生きることを促進するイベント

中区 人権の擁護 保健・医療・福祉 子ども・若者 障がい者福祉

17976709_1313436005407388_1234237394_o

ダイバーシティ(多様性)をキーワードに活動する一般社団法人「ヨコハマプロジェクト」(横浜市港北区大曽根2)は4月22日、山下公園おまつり広場周辺で、ダウン症のある子どもと家族とともに約1キロの公園内のコースを歩くバディウォークイベント「バディウォーク in ヨコハマ」を開催します。

 バディウォークは、ダウン症を理解・受容し、共に生きることを促進するイベントで、1995年にニューヨークで始まった。国内では東京、仙台、名古屋、京都、長崎などで開催されています。

 会場内では、横浜市立大学ビッグバンド「Second Wind Jazz Orchestra」のジャズ演奏、知的障がいのある青少年らによる和太鼓グループ「あらじん」、慶応義塾大学ジャグリングサークル「I-Wing」、横浜市立東高校のチアダンス部、丸の内朝大学「Morning Diamonds」、ダンスチーム「スリーセブン」によるパフォーマンスや、アート体験、ジャグリング体験、セラピードッグなど体験型のワークショップのほか、家族の思い出を写すファミリーフォトなど多彩な企画が行われます。

 ヨコハマプロジェクトは、ダウン症のある人たちを知るイベントの開催をきっかけに2014年12月に任意団体として発足し、2015年秋に一般社団法人となりました。

 同団体は、イベント開催にあたり、記念Tシャツ「つながるTシャツ」や、手旗、お手玉、ポンポンなどのイベントグッズの製作を福祉作業施設に依頼しました。

 ヨコハマプロジェクト代表の近藤寛子さんは「障がいのある人もない人も互いを認め合い、ともに力を発揮できる社会づくりへの貢献をめざし『多様性』をコンセプトに活動している。ぜひ、一緒に歩いて欲しい」と話しています。

 開催時間は12時~15時(11時30分開場)。参加費無料。

ライター紹介

ローカルグッド編集部
ローカルグッド編集部

「LOCAL GOOD YOKOHAMA」は、 サービス、 モノ、 カネ、 ヒト、 情報の循環をつくっていくことを目指し、インターネット上の場と、インターネットを超えた地域の現場両面から、地域をよくする活動「地域のGOOD=ステキないいコト」に市民、企業が参加するきっかけをつくっていきます。活動に加わり、メンバーとして地域に関わっていくローカルグッドサポーター、プロボノを募集しています。

ニュース一覧へ戻る