ローカルグッドニュース

ローカルグッドニュース

障害者スポーツ文化センター「横浜ラポール」で写真展「障害者スポーツ 応援フェス」

港北区 写真 障がい者福祉

写真展「障害者スポーツ 応援フェス」

障害者スポーツ文化センター横浜ラポール(横浜市港北区鳥山町)で、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会を前に、広く障害者スポーツの魅力を知ってもらおうと企画された写真展「障害者スポーツ 応援フェス」が開催されてます。主催は横浜ラポールや横浜市総合リハビリテーションセンターを運営する社会福祉法人横浜市リハビリテーション事業団。

17431448_588290174710568_6465922_o3月から、横浜マラソンで集まった寄付金を基にした、障害者スポーツの普及・啓発事業の一環として市内各所を巡回しています。展示では、市内で盛んな「ボッチャ」「ウィルチェアラグビー」「車椅子バスケットボール」など7競技の写真20枚を特殊な布に写真を印刷したバナーで紹介しています。

併せて、横浜市在住で国際パラリンピック委員会メディアスタッフを務める写真家の清水一二さんによる「リオ2016パラリンピック報道写真展」を開催しています。障害者スポーツを追い続けている清水さん独自の切り口で、その魅力に光を当てました。

横浜市総合リハビリテーションセンターの小川淳センター長は「障害者スポーツの魅力の一つは、競技をしている選手のかっこよさ。単純に見てかっこいいと思えることは、障害者スポーツと一般の方をつなぐ接点となる。今回の写真展はピックアップした写真だけでなく見せ方にもこだわった。展示を見た後はもう一歩踏み込んで、競技を体験していただくことで、障害者スポーツがよりユニバーサルなスポーツになっていくと思う」と話しています。

展示時間は10時~17時。入場無料。3月27日まで。

ライター紹介

ローカルグッド編集部
ローカルグッド編集部

「LOCAL GOOD YOKOHAMA」は、 サービス、 モノ、 カネ、 ヒト、 情報の循環をつくっていくことを目指し、インターネット上の場と、インターネットを超えた地域の現場両面から、地域をよくする活動「地域のGOOD=ステキないいコト」に市民、企業が参加するきっかけをつくっていきます。活動に加わり、メンバーとして地域に関わっていくローカルグッドサポーター、プロボノを募集しています。

ニュース一覧へ戻る