ローカルグッドニュース

都筑区・中川に子どもがつくる子どもの街「ミニヨコハマシティ」 ミニヨコ市長選挙も

中川西地区センター(横浜市横浜市都筑区中川2)で3月20日、子どもたちだけで「理想の街」をつくるイベント「ミニヨコハマシティ(ミニヨコ)」が開催されます。主催はNPO法人「ミニシティ・プラス」(都筑区中川1、三輪律江理事長)。

ミニヨコは「大人口出し禁止」がルールで、会場に入ることができるのは原則19歳以下の子どもたちだけ。2007年にスタートし、今回で10回目となります。

ミニヨコの街の運営は選挙で選ばれた市長や市議が中心になって行います。20日は、ミニヨコの次期市長選挙も行われます。

1249539544 (1)

☆ミニヨコハマシティ参加の手順
中川西地区センターで市民証申請
↓ミニヨコ学校でまちのしくみの勉強
↓ジョブセンターでお仕事さがし
↓働いたら給料「ミニヨン」GET!
かせいだお金で、遊ぼう!買いものしよう!

 

 

☆お店予定
カフェ・チキンラーメン店・◎◎焼き・たきそば&ナポリタン・アクセサリー・・・
☆アトラクション
ミニ四駆レース・ゲームセンター・たからくじ・恋ダンス・・・
☆市長選挙に投票してまちの代表を選ぼう!
☆大人ツアー(500円)・大人チケット(100円)あります
☆大人インターンシップ募集(500円)「こども店長たちといっしょにお仕事しませんか?」

開催時間は10時~16時(入場15時まで)。参加費は19歳以下の子どもは1日300円。

ミニシティ・プラスは「まちはそこに暮らす人、かかわる人たちで創り上げていく」という理念から、特に未来を担うこどもたちに対して19歳以下のこどもたちが、おとなの決めた社会のルールや既成概念にとらわれない自由な発想で仮想のまちをつくり、体験するプログラム「ミニヨコハマシティ」、東京都市大学と協働で行う「つづきジュニア編集局」、主に中高生が特命で大人のまちづくりの現場に参加し大人と一緒にまちづくりを実践する神奈川県との協働事業「特命子ども地域アクター」など事業に取り組む非営利団体です。
ミニヨコ20170320

ライター紹介

「LOCAL GOOD YOKOHAMA」は、 サービス、 モノ、 カネ、 ヒト、 情報の循環をつくっていくことを目指し、インターネット上の場と、インターネットを超えた地域の現場両面から、地域をよくする活動「地域のGOOD=ステキないいコト」に市民、企業が参加するきっかけをつくっていきます。活動に加わり、メンバーとして地域に関わっていくローカルグッドサポーター、プロボノを募集しています。

ニュース一覧へ戻る