イベント

12/11(金) 英国の先進事例から学ぶ インクルーシブデザイン・オンラインセミナー開催!

~共生社会ホストタウン事業~

横浜市は、パラリンピアンとの交流をきっかけに、共生社会の実現に向け、ユニバーサルデザインの街づくりや心のバリアフリーの取組を実施する自治体「共生社会ホストタウン」として取組を行っています。

横浜市は、東京 2020 大会における英国代表チームの事前キャンプ地・英国ホストタウンとして、これまで様々な交流を行ってきました。このたび、「スポーツ施設におけるインクルーシブデザイン」をテーマに、英国の公的な国際文化交流機関であるブリティッシュ・カウンシルや、ロンドンパラリンピックのレガシーとして設立されたグローバル・ディスアビリティ・イノベーション・ハブ(GDI Hub)等と連携し、英国の知見をもとにスポーツ施設におけるインクルーシブデザイン*のあり方を考えるオンラインセミナーを開催します。

*「誰一人として置き去りにしない」をモットーに、すべての人々が公平且つ平等に世界を体験できるよう支援する、英国発祥のデザイン手法。「極端な利用者」の声に耳を傾け、全ての利用者の需要に対処することでより豊かなソリューションの提供を目指します。

●セミナー概要

1 日時 令和2年12月11日(金)18時00分~19時00分
2 講演者

(予定)

グローバル・ディスアビリティ・イノベーション・ハブ(GDI Hub)
オペレーション&インクルーシブデザイン部門ディレクター
Iain MacKinnon(イアン・マッキノン)氏
3 テーマ ロンドン 2012 大会のレガシーから学ぶ、スポーツ施設におけ
るインクルーシブデザインのあり方・考え方
4 内容

(予定)

●インクルーシブデザインとは何か【日英同時通訳あり】
●ロンドン 2012 大会の開催経験を踏まえたバリアフリー化事例
●横浜市のスポーツ施設におけるインクルーシブデザインとは
●質疑応答(チャット形式) など
5 対象者 市内スポーツ団体、スポーツ施設関係者 など
6 協力 ブリティッシュ・カウンシル

●Iain MacKinnon(イアン・マッキノン)氏のプロフィール

(グローバル・ディスアビリティ・イノベーション・ハブ(GDI Hub)オペレーション&インクルーシブデザイ
ン部門ディレクター)
英国アクセスコンサルタント(NRAC)のメンバーとして、複合施設の基本計画、新旧建築物、製品から
会場やライブイベントの運営面まで、幅広いプロジェクトに対して創造的かつ革新的なソリューションを
案出し、インクルーシブデザインに関する提言を行っている。
*GDI Hub とは:大学および文化機関の協働組織としてクイーン・エリザベス・オリンピック・パーク
を拠点に、地域コミュニティ、研究者、専門家、障害のある人々を結びつけ、ロンドン・パラリンピック
競技大会によって培われた経験と、障害に関する最先端の専門性を融合することで、更なるイノベーショ
ン、共同デザイン、クリエイティブ・シンキングをグローバルに推進している組織です。

日時 令和2年12月11日(金)18時00分~19時00分
場所 オンライン
対象 市内スポーツ団体、スポーツ施設関係者 など
費用 無料
URL https://www.city.yokohama.lg.jp/city-info/koho-kocho/press/shimin/2020/1204kyouseisyakaiHT.html
開催団体 横浜市
お申し込み・お問い合わせ 市民局オリンピック・パラリンピック推進部オリンピック・パラリンピック推進課

電話:045-671-3697ファクス:045-664-1588
メールアドレス:sh-olypara@city.yokohama.jp
イベント一覧へ戻る