イベント

5/24 ファクトチェックとは何か〜ローカルメディアミーティング 立岩陽一郎さん

その情報、ほんとに合ってますか?

【ファクトチェックとは何か】
5月のローカルメディアミーティングでは、情報や発言の真偽を調査する「ファクトチェック」について学びます。事実でないことを発信し、時に社会を混乱させることもある「フェイクニュース」の存在が明らかになり、またSNSなど従来のメディアを通さずに行う発信の影響力が高まり、拡散という形で広まる現在、信頼できる情報をどうつかめば良いのか、情報の発信者も受け取り手もよりどころが不確かになりつつあります。情報の真偽を確かめる活動の必要性が問われています。

去年NPO法人化した「ファクトチェックイニシアティブ」の理事で、4月に発行された「ファクトチェックとは何か」の著者でもある立岩陽一郎さんをゲスト講師に「ファクトチェックとは何か」について公開会議を行い、認識を深めます。

【立岩陽一郎さん】
調査報道を専門とする認定NPO運営「ニュースのタネ」編集長。アメリカン大学(米ワシントンDC)フェロー。1991年一橋大学卒業。放送大学大学院修士課程修了。NHKでテヘラン特派員、社会部記者、国際放送局デスクとして主に調査報道に従事。政府が随意契約を恣意的に使っている実態を暴き随意契約原則禁止のきっかけを作ったほか、大阪の印刷会社で化学物質を原因とした胆管癌被害が発生していることをスクープ。以後、化学物質規制が強化される。「パナマ文書」取材に中心的に関わった後にNHKを退職。公益法人「政治資金センター」理事として政治の透明化に取り組む。毎日放送「ちちんぷいぷい」のレギュラー・コメンテータ。
https://news.yahoo.co.jp/byline/tateiwayoichiro/
https://seedsfornews.com/

情報発信に興味のある方は誰でもご参加いただけます。

<かながわローカルメディアミーティング>
「かながわローカルメディアミーティング」は、メディア運営者やライター、クリエイターなど情報発信スキルを持つ側と社会的に価値ある情報を発信したい人たちが一堂に会し、メディア運営者が抱える課題を共有し、対話する公開会議です。

<こんな方に来て欲しい>
*情報発信に携わる方
*ライター・カメラマン・デザイナー・編集者・メディア運営者・広告関連
*地域メディアに関心のある方
*上記各分野で活動したいと考えている方
*講演内容に興味を持つ方
*情報発信スキルを持った人を求めている事業者や団体
*社会貢献活動をしている人
*情報発信に悩みを持つ人

ぜひご参加ください

◆ 2018年5月24日(木) 14時〜16時
◆ 場所 mass×mass関内フューチャーセンター
◆ ゲスト 立岩陽一郎さん(ファクトチェック・イニシアティブ
◆ 参加費 2000円
◆ 内容 ゲストの活動紹介と課題提供、質疑応答や意見交換をおこないます
◆ 申し込みフォーム
https://goo.gl/forms/zTqo07X9a19Rezaf1

申し込み後、参加費支払い方法の連絡をいたします。

FBでメッセージが送れない方、フォームが動かないなどの場合は
下記アドレスまでお寄せください
event@morinooto.jp

◆当日のスケジュール(予定)
14:00 趣旨説明 講師紹介
14:10 講師 立岩陽一郎さんのお話
15:00 質疑
15:10 公開会議 ファクトチェックのこれから 市民が知っておくべきことは(仮)
15:50 まとめ・アンケート記入

*今後内容が変更する場合もあります*

◆主催 NPO法人森ノオト
TEL:045–532–6941
Email:event@morinooto.jp

<メディアコンパス策定活動を始めます>
今年度はローカルメディアの行動指針「メディアコンパス」を策定するためのアクションを始めます。
http://morinooto.jp/2018/01/19/lmmtg05/

<ローカルメディアミーティングのこれまで>
2017年6月にスタート。誰もが情報発信できる社会の中で、どのように情報を集め、編集し、伝えていけばよいのか、講師からの話題提供を受け、参加者間で対話を重ねるスタイルで交流を深めています。
◇これまでのゲスト講師とテーマ◇
・作家の山崎洋子さん「一次情報の大切さ」
・横浜コミュニティデザイン・ラボの宮島真希子さん、「SNS時代の情報収集・発信について」
・環境ジャーナリストの木村麻紀さん、「地域メディアとSDGs」
・Co Co-Life女子部編集長の元山文菜さん、「障がいに関する情報発信と協働作業におけるダイバーシティ」
・greenz.jpの植原正太郎さん 「寄付で支えるメディア」
・パラフォトの佐々木延江さん「パラリンピック取材に見るメディアとまちづくり」

学び合いを通してネットワークを形成し、神奈川から発信する地域情報の質を向上させることを目指しています。
情報発信による地域活動の促進などを目的として、神奈川県の「かながわボランタリー活動推進基金21」の平成29年度・平成30年度ボランタリー活動補助金を得て、森ノオトが運営しています。

日時 2018年5月24日(木) 14時〜16時
場所 mass×mass関内フューチャーセンター
費用 参加費 2000円
URL https://www.facebook.com/events/182271302494590
開催団体URL http://morinooto.jp/
イベント一覧へ戻る