一般地域イベント

一般地域イベント

障害のある人とない人との交流を「愉快に」考えよう/O! MORO LIFE プロジェクトワークショップを南区で開催

終了後には交流会も

終了

omoro1

横浜市が、コミュニティづくりに定評がある「studio-L 」(山崎亮代表)に委託して実施している「 O! MORO(オモロ)LIFE プロジェクト」のワークショップが8月6日13時から、横浜市吉野町市民プラザ(横浜市南区吉野町5)で開催されます。

このプロジェクトは、2016年4月に障害者差別解消法が施行されたことを受け、地域でも障害の有無に関わらず、「少数の人達も生きやすい社会」をつくっていくために、まずは多様な人達で「交流し、話をしよう」という場をつくることを目的としています。

O!MORO プロジェクトによると、この「オモロ」という言葉には「おもしろい、もろい、もろもろ」など多様な意味が込められています。

さまざまな困難があっても、地域に住む人たちが違いを認め合いながら対話を重ね、創造的に提案を出し合っていくことで、社会にある「バリア」を越えていく試みにつなげようと、集まったメンバーが「やってみたいこと」を出し合いながらさまざまなトライをしていく予定です。

1人でも、初めてでも参加は可能。気軽に参加してください。

日時 8月6日(日)13:00~15:30
場所 横浜市吉野町市民プラザ(神奈川県横浜市南区吉野町5丁目26)
対象 どなたでも。
費用 無料
URL https://goo.gl/27iVE8
開催団体 ▽横浜市健康福祉局
▽studio-L O!MORO LIFEプロジェクト事務局
このワークショップは、横浜市からの受託事業「障害のある人とない人との交流を通じた啓発業務」の一環として実施しています。この業務は「障害のある人と障害のない人との交流の場」を創ることを通して、障害の理解を深め、障害のある人に適切な配慮ができる人の輪を市民の間に広げていくことを目的としています。
お申し込み・お問い合わせ studio-L O!MORO LIFEプロジェクト事務局(太田、平野)
電話:06-6155-5018(土日祝日のぞく10:00-16:00)
FAX:06-6155-5018
Mail:o-morolife@studio-l.org
イベント一覧へ戻る